So-net無料ブログ作成
検索選択

nasne(ナスネ)登場!これは「買い」でしょ! [Playstation・PSP・PS Vita]

このニュースにはかなり興奮した方も多いのではないでしょうか?

ネットワークHDD(NAS)に地上/BS/110度CSデジタルチューナーを搭載したネットワークレコーダー、名称「ナスネ・nasne」が、ソニー・コンピュータエンタテインメントより発表されました!

発売は7月19日の予定。
日本国内での希望小売価格16,980円(税込)です。

nasne-02.jpg

どういう製品か、わかると「おっ!それは便利だね!」って、共感してもらえると思うんですが、わかって頂けるまでは、ちょっと一説明必要な商品でもあります。 

というわけで、この「ナスネ」。

接続する機器別にどんな風に使えるのか、現在分っている範囲でご説明をさせていただきます。

 

ナスネ nasne ソニーストアにて予約開始!!

ソニーの直販サイト、ソニーストアにて先行予約始まっています!

ネットワークレコーダー&メディアストレージ 「nasne(ナスネ)」 CECH-ZNR1J

nasne-02_144.jpg

500GBのハードディスクドライブ および地上デジタル/衛星デジタルチューナー搭載、 ソニーグループ対応機器と連携しテレビの新しい視聴スタイルを実現

販売価格:16,980円(税込)
※送料無料

 「PS Vitaおでかけ転送キャンペーン」ブルーレイディスクレコーダーセット を購入する


7月発売の商品だから、まだまだ先・・・
だけど、いち早くゲットしたい方は、ご予約を!!

ナスネ nasne × PlayStation 3 なら、サクサク操作でテレビ視聴&録画予約

あなたがPS3を持っているとします。
そこに”ナスネ nasne”がやってきました。

そこには、楽しいテレビ生活が待っています!

nasne-03.png

  • 地デジはもちろん、BSデジタル、CSデジタルも録画、視聴できるようになります
  • ”サクサク”操作で定評のある、「torne」というソフトで操作するので、録画番組を探したり、テレビ欄を表示するのもサクサク
  • 最大4台の”ナスネ”を接続可能。さらに”トルネ”を組み合わせると最大5番組同時録画もできる

と、こんな感じで、ナスネが加われば、PS3に番組録画機能を加えることが可能になります。

”ナスネ”自体に500GBのハードディスクが搭載されていますが、さらに外付けHDDを取り付ければ、大量に番組を録画することも可能です。 低価格なハードディスクレコーダーとして、ナスネを購入するのもアリです。

 

ナスネ nasne × PlayStation Vita なら、好きな場所でテレビが楽しめる

あなたがPS Vitaを持っているとします。
そこに”ナスネ nasne” がやってきました。

これからは、どこでもテレビな生活が始まります。

nasne-04.png

PS Vita なら2つの楽しみ方が可能になります。

  • 家庭内なら、PS Vitaから“ナスネ”にアクセス、Wi-Fi経由でテレビ番組を見たり録画する。
  • “ナスネ”からWi-Fi経由でPS Vitaへ番組を素早く書き出し、外出先で楽しむ

家の中でならテレビ番組をリアルタイムで自由に視聴。
外出先では録画番組を書き出して持ち出しできる・・・

家でも外でも、テレビを楽しめる生活になるわけです。

PlayStation Vita PCH-1000 ZA01 【Wi-Fiモデル】 クリスタル・ブラック
PCH-1000_pic.jpg

高性能なCPUおよびGPUに加えて、マルチタッチに対応した5インチの美麗な有機ELディスプレイを採用した次世代型携帯ゲーム機
販売価格:24,980円(税込) 
※送料無料 2012年4月現在の価格です。


ナスネ nasne × VAIO なら、BDやDVD、PC内に書き出し可能

あなたがVAIOを持っているとします。
そこに”ナスネ nasne” がやってきました。

VAIOでも、どこでもテレビ生活が始まります。

device_vaio_img2.jpg

WIndows 7 以降のVAIOに限定はされるのですが・・・

  • 家庭内の好きな場所から”ナスネ”にアクセスして、Wi-FiまたはLAN経由でテレビ番組を見たり、録画したりできる
  • ブルーレイディスやDVDにダビング、またVAIOのハードディスクやソリッドステートドライブ(SSD)へ書き出しが可能

ということが可能になります。
ノートタイプのVAIOなら、録画してあった番組を寝室で楽しむこともできるし、キッチンでみることもできますね。

さらに、BDやDVDへの書き出しはもちろん、HDDやSSDにも録画番組を書き出せるので、出張時、一緒に持っていくVAIOに映画を書き出しておいて、新幹線は映画視聴タイムにする・・・なんて使い方も出来るのです!

PS3と”ナスネ”の組み合わせだと、ブルーレイやDVDに保存して残すというのができないのが雄一の不満なのですが、BD搭載のVAIOなら、VAIOを通してブルーレイなどに残すことができるので、いわゆるレコーダーより便利かも!

録画の予約”ナスネ"の操作などは、「VAIO TV with nasne」というソフトで行うようです。

device_vaio_img1.jpg

「キーワードから広がっていく番組検索機能を搭載」とあるので、今、VAIOに搭載されているソフトのように、ただの検索よりも充実した機能を搭載しているのではないでしょうか? いやあ、これは楽しみです!

パソコンでテレビを楽しむためには、一般的には「テレビ機能付きパソコンを買う」または「パソコン用外付けテレビチューナーを取り付ける」という方法があったわけですが、”ナスネ”は、これらの方法よりもさらに楽しめる点がたくさんあります。

  • サーバーとなるパソコンを立ち上げる必要もなく、複数のVAIOでテレビが楽しめるようになる
  • "ナスネ"とWI-Fi接続ができるので、壁のアンテナ端子の位置やアンテナ線を気にしなくても良い

特に後者は重要かも。

例えば、せっかくノートタイプを購入したのに、テレビ視聴のためだけに使用場所が限られるなんてイヤですよね・・・しかも、テレビチューナー搭載ノートパソコンの場合、アンテナ線と常時接続しておかないと予約録画ができません。

そう、ことテレビ視聴に関しては、ノートタイプと言えども結構な制限があったりするのです。 こういう点でも、パソコンでもテレビが見たいという方には、”ナスネ”と”VAIO”のコンビがおすすめですね!

 

ナスネ nasne × Sony Tablet / Xperia なら、家庭内どこでもテレビ&どこでも録画予約

あなたがソニータブレット、またはスマホのXperiaを持っているとします。
そこに”ナスネ nasne” がやってきました。

家庭内、どこでもテレビな生活がやってきます!

専用のアプリ「RECOPLA」を使ってnasneに直接アクセス。
Wi-Fi経由、家庭内の好きな場所でテレビ番組や録画した番組を見ることができます。

nasne-06.png

また、「Gガイド.テレビ王国CHAN-TORU」を使えば、外出先からテレビ番組の録画予約まで可能。

nasne-07.png

現在、ソニータブレットでテレビを楽しむには、ソニーから現在販売中のブルーレイディスクレコーダーを購入するしかありません。 それも最新機種で。と、何かと限られています。 

専用のアプリ「RECOPLA」と”ナスネ”の組み合わせはどうなのか?
このあたりも、早く実際に使用して、使い勝手を確かめてみたいところであります。

 

トルネとはどう違うの?

PS3に接続できるレコーダーって・・・「トルネ」ってやつもあるよね? 
そう思われ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、比べてみると、この2つはめちゃくちゃ違います! と、言うことがわかりました。
実際に、トルネを毎日使っている店員が「ナスネ買いたい!」って、言ってたりします。

nasne-01.png

主な違いは3つ。

  • トルネはtorne「地デジ」のみ録画可能。ナスネnasneは地デジのほか、BS、CSの録画も可能
  • VAIO、Sony Tablet、Xperiaといったソニー製機器があれば、Wi-Fi経由でテレビ番組や録画した番組を見ることができる
  • VAIOと連携して、録画した番組をブルーレイやDVDに書き出せる

トルネユーザー店員的には、他機器との連携。
それに、BD・DVD書き出し機能がいいなあ~って、思っているそうです。

価格的には、それほど違いません。
しかし、後々の連携や拡張性を考えれば、torneよりnasneの方がオススメなのかなぁ、と思ったり。

トルネのナスネの違いを分りやすく説明。「自分にあったレコーダーを選ぼう」

 

nasne(ナスネ) スペック

gallery_photo1t.jpggallery_photo4t.jpg

スペック

商品名 ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)[トレードマーク]
型番 CECH-ZNR1J
発売日 2012年7月19日
希望小売価格 16,980円(税込)
本体色 ブラック
外形寸法 約43 x 189 x 136 mm (幅 x 奥行き x 高さ) (最大突起物含む)
質量 約460g
RFチューナー 地上デジタル:ISDB-T x 1
衛星デジタル:ISDB-S x 1
受信チャンネル 地上デジタル:VHF帯(1~12ch)、UHF帯(13~62ch)、CATV帯(C13~C63ch )
衛星デジタル:BS/110度CSデジタル(1032~2071MHz)
内蔵HDD SATA 2.5 inch (容量:500 GB)
入出力端子 LAN端子(100BASE-TX、1000BASE-T)
ANTENNA IN(アンテナ入力)端子(地上デジタル/BS/110度CS混合アンテナ入力)
ANTENNA OUT(アンテナ出力)端子(地上デジタル/BS/110度CD混合アンテナ出力)
EXT HDD(外付けハードディスク)端子(USB2.0準拠、Type A)
B-CASカードスロット
ボタン 電源ボタン
IP RESETボタン
インジケーターランプ 電源ランプ
RECランプ
IPステータスランプ
HDDアクセスランプ
電源 AC100V、DC12V/1.5A
消費電力 録画中、2ストリーム配信時:9.5W
省電力モードスタンバイ時:1.5W
ネットワーク
レコーダー機能
DTCP-IP対応
地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送のライブ/録画コンテンツストリーム配信(ホーム&モバイル機器向け)
録画モード(DR&3倍)対応
リモート録画機器の登録とインターネット経由での録画予約
トリックプレイ/シーンサーチ対応
レジューム再生
DTCP-IP Move対応
モバイル機器への書き出し対応(ネットワーク環境により転送時間が異なる)
ダビング10対応
マルチクライアント対応(DTCP-IPストリームを同時に2本配信)
周波数変更時の自動追従など
メディア
ストレージ機能
メディアサーバー機能
  • DLNA1.5対応
  • ライブチューナー(地上デジタル/BS/110度CSデジタル放送)と録画コンテンツのDMS配信
    ファイルサーバーに転送された画像/音楽/ビデオファイルをDMSで配信
    ("ナスネ"のシステムソフトウェア バージョン1.50より提供)
  • マルチクライアント対応
  • リアル茄子出現システム対応("ナスネ"システムソフトウェア バージョン1.50より提供)
    …など

ファイルサーバー機能
  • 共有ディレクトリ設定
  • ワークグループ設定
    …など
その他の機能 Webブラウザアプリケーション「nasne HOME」
外付けハードディスク対応(1台の“nasne”に1台の外付けハードディスクを登録可能)
省電力モード対応(10分間アクセスがないとスタンバイモードに移行)
nasne[トレードマーク]システムソフトウェアアップデート機能
同梱物 “ナスネ”本体 x 1
ACアダプター x 1
電源コード x 1
LANケーブル x 1
アンテナケーブル x 1
B-CASカード x 1
PS3[レジスタードトレードマーク]専用TVアプリケーション「torne(トルネ)[トレードマーク]」(BD-ROM) x 1
クイックスタートガイド

 

ナスネ nasne ソニーストアにて予約開始!!

ソニーの直販サイト、ソニーストアにて先行予約始まっています!

ネットワークレコーダー&メディアストレージ 「nasne(ナスネ)」 CECH-ZNR1J

nasne-02_144.jpg

500GBのハードディスクドライブ および地上デジタル/衛星デジタルチューナー搭載、 ソニーグループ対応機器と連携しテレビの新しい視聴スタイルを実現

販売価格:16,980円(税込)
※送料無料

 「PS Vitaおでかけ転送キャンペーン」ブルーレイディスクレコーダーセット を購入する


7月発売の商品だから、まだまだ先・・・
だけど、いち早くゲットしたい方は、ご予約を!!



というわけで、以上、簡単な「ナスネ nasne」のご紹介でした。

一瞬、PS3がないと意味のない商品にみえるかもしれませんが、実はそうではない製品。 説明をしたように、PS3を持っている人、VAIOを持っている人、PS Vitaを持っている人・・・その人それぞれの楽しみ方がある商品です。

もちろん、PS3もVAIOも持っている人なら、テレビでもパソコンでも”ナスネ”が楽しめるので、さらにオトク度は高まりそうですね。

発売は、7月19日の予定。
日本国内で希望小売価格16,980円(税込)です! 

ここには書きませんでしたが、ナスネはテレビ機能以外にも、いろいろと便利な点があります。

名前の由来と思われる”NAS”(ネットワークHDD)としての機能も、本当に便利。 サーバーとなるパソコンが必要なく、単独でネットワーク上に存在できるので、音楽や写真、動画などをこの”ナスネ”に入れておけば、複数のVAIOでコンテンツを簡単に共有するなんてことも出来ちゃいます。

”NAS”のハードディスクって、それなりのお値段がするものです。

そう考えると・・・
”NAS”の500GBHDDにテレビ機能が乗っかって、
便利なソフトまで付いてきて、

・・・・16,980円!!って、めちゃめちゃお得な感じがします!

店頭に展示したら、お店のいろいろな機器と接続して、使い倒してみようっと。

そして・・・買う。と、思います!!

だって、PS3を持っていて、VAIOも持っている。
家にあるレコーダーのHDDはいつもパンパン。

これはもう「買い」でしょ?!

ソニーストア PS製品 カテゴリートップ(ソニーストア) 

 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


3684549.gif

 


nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 5

コメントの受付は締め切りました
はまちゃん

ソニー製品で揃えてる人は、まさに活用してみたいと思うでしょうね~。
これ、ブラビアだけ(DLNA利用で)では再生できないんですよね?
それが出来るともっとありがたいですが…
でもとにかくone sonyらしい魅力的な製品が出てきたなと
思いました。
by はまちゃん (2012-04-19 00:17) 

yas

はまちゃんさん こんにちわ♪
まだ明らかに書かれてませんが、おそらく使えないような気がします。
理屈的にはいけそうな気もしますが・・・なんとも今の段階では。
いけるなら、サイトに書きそうですしね(^-^;
ちょうどNASが欲しいと思っていた矢先の発表です。
これは本当に欲しいです。その時お金があれば・・・と、言う前提はつきまといますが。
by yas (2012-04-19 17:22) 

ドラもん

ネットワークHDDとしての機能は、かなり使えそうですね(設定も簡単なら良いのですが)。自分が使っているBDレコーダーや、TVはPana・・・・・なんですよね^^;20代の頃はALL SONYだったんですが。
PS3やPSvitaも年のせいか、GAMEにのめり込むことも無くなってきました。。。
by ドラもん (2012-04-19 17:34) 

yas

ドラもんさん こんにちわ♪
これ良いでしょ~
設定は、ゲーム屋さんですからカンタンと思いたいです。
え?!意外でした、Pさんでしたか~
思いっきりソニーなお人かと(^-^;
ちなみにGAMEにのめり込むことは私も少なくなってきました。
瞬間的に遊んで、それで放置の方向・・・です。。
by yas (2012-04-19 18:06) 

simons

今3dブラビア買うタイミング狙ってます。
by simons (2012-04-23 00:53) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。