So-net無料ブログ作成
検索選択

α7 レビュー 「作例紹介!軽快にフルサイズを楽しもう!」 [α7・α7R(ILCE-7・ILCE-7R)]

先日、α7R とAマウントアダプター・LA-EA4 で様々なレンズを装着した作例(こちら)をお届けしたのですが、今回は弟分?にあたる「α7」の実機レビューをお届けしたいと思います。

ILCE-7_review01_top

軽くてコンパクトな本体は、この手の一眼カメラにありがちな外に持ち出すときの「よっこいしょ感」がありません。一言で表現するとα7は「軽快」そのものでした!

α7 レビュー 敷居の低いフルサイズミラーレス

今回のレビューは、α7レンズキット(ILCE-7K)を使用してお届けします。

ILCE-7_review01_009

キットレンズ・SEL2870は28-70mmの焦点距離で撮影出来る標準域のズームレンズ。ズームをしてもレンズがあまり繰り出さない。見た目的にも機能的にもうれしい設計のレンズです。

フルサイズ用ということもあり、やや長めの全長ながらも、フォーカスリングやズームリングはスムーズに滑らかに動いてくれました。

ILCE-7_review01_001

装着すると見た目こそ立派にはなりますが、それでも769gしかありません。この重量でフルサイズ。そう考えると凄いなぁ、軽いよなぁ、と思わず連呼しちゃいました。

ILCE-7_review01_002

軍艦部と言われるカメラの上部分、そして背面側をみるといろんなダイヤルやボタン、スイッチ類が用意され、一見カメラに詳しくないととても扱えなさそうにも思えます。

しかし、α7にはオート撮影機能なども用意されています。

ILCE-7_review01_005

フルサイズセンサーがなんちゃら・・・って、ことを書くと、やたらと難しそうに聞こえがち。でも、α7には敷居の低いところもあるのです。

これなら、例えば旦那さんがカメラが趣味で奥さんは機械苦手という、どこにでもおられそうなご夫婦でも、α7なら歓迎されるかも。

機械が苦手な方でもケータイやスマートフォンのカメラ操作ができるくらいなら、オート撮影くらいなんてこともないはず。これなら、ご家庭でも導入しやすいのではないでしょうか?

また、ファインダーはとてもみやすくなっており、ピントの山がバッチシ掴めます。一見地味な機能に思えますが、このあたりにハードの進化を感じるはず。

ILCE-7_review01_003

ピント拡大機能を使えばピンポイントで11.7倍まで拡大表示。MF撮影にも応えてくれることでしょう。ファインダーが届かないようなローアングルやハイアングルでの撮影はチルトモニターにお任せ。

ILCE-7_review01_004

チルトモニターは最近のカメラでは珍しくない機能かも知れませんが、フルサイズで、となると少数派。後ほど作例で紹介しますが、かなり目線を変えた撮影が可能になります。写真の構図に幅が出ることは間違いないでしょう。

 

α7 作例

実機を持って撮影に行ってきました。鉄道撮影がメインの私なだけに今回も鉄道がメインの被写体です。今回訪れた場所は能勢電鉄。深まる秋をイメージして撮影してきました。

ファインダーが良いと気持ちの良い撮影が出来ますね。特にホワイトバランスをまめに変更しての撮影は電子ファインダーならではだと思います。それでは作例をどうぞ。

ILCE-7_SEL2870_review01_005

ボディ α7 (ILCE-7)
レンズ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS (SEL2870)
撮影情報 F7.1 SS:1/250秒 ISO:400
画質チェック 1000×667ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

里山らしい情景の中、茶色の電車がゆっくりと走っています。

広角端で少しだけ絞って撮影しました。

季節は晩秋で夕方。

光と影が存在するカメラでは難しい条件ながら、空気も感じて頂けたらと思います。

 

ILCE-7_SEL2870_review01_003

ボディ α7 (ILCE-7))
レンズ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS (SEL2870)
撮影情報 F5.6 SS:1/100秒 ISO:400
画質チェック 1000×667ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

冬になってしまうと完全に落ちてしまう葉っぱ。

実に秋らしいなぁと思い、ピントを合わせて撮影しました。

手前、奥に広がるボケ味。フルサイズならではの作例だと思います。

 

ILCE-7_SEL2870_review01_001

ボディ α7 (ILCE-7)
レンズ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS (SEL2870)
撮影情報 F5.6 SS:1/250秒 ISO:200
画質チェック 1000×667ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

鉄道写真ではないのですが、かえでの葉っぱをアップでパチリ。

十分すぎるほどの解像度。

ボディとセットになっているレンズで価格は相当お手頃なのですが、しかし写りは良い感じ。

初めてフルサイズを始める。という方には扱いやすいレンズと言えるかも。

 

ILCE-7_SEL2870_review01_002

ボディ α7 (ILCE-7)
レンズ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS (SEL2870)
撮影情報 F5.6 SS:1/60秒 ISO:320
画質チェック 1000×667ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

とある駅でイベント、電車の中でなんと地元野菜の販売が行われていました。

手前の白菜にピントを合わせてパチリ。

フルサイズ機ならではのなだらかなボケ味です。

 

 ILCE-7_SEL2870_review01_006

ボディ α7 (ILCE-7)
レンズ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS (SEL2870)
撮影情報 F7.1 SS:1/125秒 ISO:400
画質チェック 1000×667ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

レビューの中で書いていたチルトモニターを使用した1枚がこちら。

穏やかな日常を列車が風のようにとおり抜ける、そんなイメージで撮影してみました。

 

ILCE-7_SEL2870_review01_004

ボディ α7 (ILCE-7)
レンズ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS (SEL2870)
撮影情報 F5.6 SS:1/250秒 ISO:800
画質チェック 1000×667ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

秋と言えば、やっぱりススキではないでしょうか?

望遠端が80mmしかないレンズです。

こういった鉄道写真では難しいところあるのですが、なんとかイイ感じの構図となりました。

逆光に輝くススキが印象的に写せました。


以上が α7 と SEL2870の組合わせで撮影した作例です。

なお、作例は全てJPEG撮って出し。等倍サイズはもちろん他のサイズに関してもピクセル変更しかしておりません。

記事内では、省略していますがより詳しいデータが必要な方は、等倍サイズを保存していただきお手持ちの写真編集ソフトなどでご確認頂けたらと思います。(著作権は破棄しておりませんので転載等はお断りをお願いします。)

ちなみに、今回撮影していて思ったのですが、α7R同様、ほぼ狙いどおりピントがサクサクあってくれました。ファストハイブリッド効果なのかどうかわかりませんが、コントラストAFもかなり優秀ですね。

よほど明暗差がない被写体でない限り、迷う事もほとんどなさそうです。

 

α7R 持ちだから言える α7が持つ軽快感は魅力的!

すでにブログで何度か記事にしているとおり、私はα7Rを個人で所有しています。

α7R 自宅防湿庫にて

α7R 自宅防湿庫にて

α7Rと比べてみると α7 はどうなの?こんな質問があったとしたら・・・

「軽快感が違います。」そう応えると思います。

実機を使ってみるまでスペック上ではわからなかったのですが、三脚で腰を据えて撮影するのが基本のα7Rにたいして、α7は基本手持ちでお手軽。そんなイメージです。

α7R+Aマウントアダプター+SAL70400G2

α7R+Aマウントアダプター+SAL70400G2

出掛ける時の段取りが必要なα7Rに対して、ササっと動けるのがα7。スーツを着て、革靴履いて出掛けるのがα7Rに対して、Tシャツにスニーカーでお出かけがα7。

近所へのお買い物は、クラウンよりも軽自動車が便利と言ったところと似てるかも。

それは電子先幕シャッター有無のシャッターを切った時の軽快感か?それとも有効画素数の違いによる、手ぶれに対する気持ちの配慮の違いなのか?良く解りませんがα7はとにかく軽快。

α7Rとは外見が似てるけど、まるで別のカメラのような感じでした。(あくまでも個人の見解)

外装とダイヤルパーツの素材が外観上の違い。

外装とダイヤルパーツの素材が外観上の違い。

お金さえあれば。という話になるのですが、α7Rをじっくり撮影する時用、α7を日常使い。そんな感じで使い分けても良いなぁ。と、思いました。

レンズが同じものを使用出来るだけに、そう言った使い方はありかも。

α7+SEL2870のコンビネーションなかなか良くて、α7R持ちとして、色々考えさせられるところがありました。

α7 と α7R 2モデルの違いを徹底調査してみました! - ソニーショップさとうち

ilce-7-compare-reviewtop
α7・α7R、2つの「7(セブン)」どこがどう違うのを徹底調査!一眼カメラ α7・α7R、2つの「7(セブン)」の違いについてまとめてみました。

以上、α7 実機レビューをお届けしました。このあとは大切なお知らせが続きます。

 

ソニーの直販 ソニーストアでの”おとく”をお見逃しなく!

ソニーの直販サイト、ソニーストアでも好評販売中のα7。直販サイトとは言え、ソニーストアでの購入が案外オトクであることはご存じでしたか?

AlphaPremiumservice-pls_001落下などの事故で壊してしまっても3年間の保証が受けられるワイド保証がサービスされたり、交換レンズやまたセミナーなど、オトクに購入することが可能な「フォトライフサポート」に加入出来たりと、思っている以上に手厚いサポートが受けられるようになっています。

α7・α7Rを購入するなら、知っておきたいおトクなサービス「ソニーストア・αフォトライフサポート」 - ソニーショップさとうち

AlphaPremiumservice-pls_001
「α7」「α7R」の購入はソニーストアがおトク!今回はソニーの直販サイト・ソニーストアが行っている「αフォトライフサポート」について紹介しましょう。

詳しくは過去にも書いた記事も参考になさってください。

また、ソニーストアでは「α7R」と「SEL35F28Z」がセットになったものも用意。さらに関連アクセサリーを同時購入することでお得なポイントがついたりするサービスも実施中!

a7_news_0029

ソニーストア購入者限定で吉田カバンオリジナルバッグを購入出来る変った特典もあったりして、これらの特典はなかなか見逃せないないようになっています。

a7_news_0030

ぜひ、ソニーの直販サイト・ソニーストアにも注目して頂きたいと思いました。

 

α7 と α7R 販売ラインアップ

「α7」と「α7R」の販売ラインアップは3パターン。

ボディのみが発売される「α7R」にたいして、ボディのみとレンズセットの「α7」。また本体と同じ発売日には交換レンズとして、ツアイス SEL35F28Zが用意されました。

デジタル一眼カメラILCE-7R ボディのみ

有効約3640万画素、圧倒的な高画質を誇る世界最小・最軽量フルサイズミラーレス一眼カメラ
ソニーストア価格:219,800円(税込)
※送料無料
ソニーストアで詳細を見る

デジタル一眼カメラILCE-7 ボディのみ

ボディのみ 有効約2430万画素、優れた描写力と機動力を両立した小型・軽量フルサイズミラーレス一眼カメラ
ソニーストア価格:149,800円(税込)
※送料無料
ソニーストアで詳細を見る

デジタル一眼カメラILCE-7K ズームレンズキット

有効約2430万画素、優れた描写力と機動力を両立した小型・軽量フルサイズミラーレス一眼カメラ+ズームレンズのセット
ソニーストア価格:179,800円(税込)
※送料無料
ソニーストアで詳細を見る

Sonnar T* 単焦点レンズ (Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA)SEL35F28Z

35mmフルサイズ対応、高性能ツァイス広角単焦点レンズ
。 ツァイス「ゾナーT*」レンズがもたらす、画面全体の高いコントラストと解像力
ソニーストア価格:79,800円(税込)
※送料無料
ソニーストアで詳細を見る

 

ミラーレス小型一眼カメラα7、α7R 徹底レビュー

α7・α7Rのレビューを公開しています。

ぜひチェックしてくださいね!

フルサイズミラーレス一眼カメラ α7R 、α7レビュー - ソニーショップさとうち

A7_store_review002
フルサイズセンサーを搭載して約400g!革命的なミラーレス一眼カメラα7、α7Rのレビューです

 

 

関連する記事

ILCE-7R_PCK-LM16_review_003

α7・α7R レビュー 「PCK-LM16・液晶保護セミハードシートを貼ってみました!」...

ILCE-7R_open_review_001

α7R レビュー 到着!そして開梱へ。気付いたアレコレを書いてみました。...

RM-VPR1_ILCE-7_review003

α7・α7R レビュー あったら便利!「レリーズリモコン・RM-VPR1」を使ってみました!...

LA-EA4_review_001

α7R レビュー 「マウントアダプター・LA-EA4」の組合わせで作例紹介!...

vg-c1em-storereviw_003

α7・α7R レビュー 縦位置グリップ「VG-C1EM」をみてきました!...

ilce-7r-20131112_001

店員の決断!α7R を購入します!

ILCE7R_SEL55F18Z_REVIEW_TOP

極上の描写力をα7・α7Rで 『Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA「SEL55F18...

ILCE-7_SEL2870_storerepo_003

α7 レビュー 「α7ズームレンズキットの付属レンズ・SEL2870」を徹底チェック!...

ilce-7_customkey_reviewtop

α7・α7R レビュー 最強!充実のボタンカスタマイズ機能に注目!...

ilce-7-compare-reviewtop

α7 と α7R 2モデルの違いを徹底調査してみました!...


blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


3684549.gif

 


nice!(12)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 5

あおたけ

晩秋の野をゆく能勢電鉄の電車。
風景に沈みがちなマルーンの色ですが、
ウマく引き立たせていますね〜(^^)
ボケ具合も柔らかで、いい雰囲気です。
とくに標準域の画角でも、
けっして列車の存在感が失われず、
さらに手前に配したススキが印象的に輝くラストカットが、
いかにもyasさんらしい丁寧な撮り方で、好きな写真です。
まさにこれこそ、11月のカレンダーにふさわしい!(笑)
by あおたけ (2013-11-26 19:57) 

simons

まだ車内販売するような路線があるんですね~

by simons (2013-11-27 01:14) 

たいへー

・・・鍋が食べたくなりました。^^
by たいへー (2013-11-27 07:35) 

ゆつき

撮影お上手ですよね。
ススキと鉄道、白菜の車内販売の写真が好きですヽ(*´∀`)ノ

レンズキットのレンズも装着したらバランス良くかっこいいなって
感じました。
by ゆつき (2013-11-27 13:40) 

たあきよ

見るからに重そうな重厚感あるカメラなのに、軽いなんて!
カメラマンさんには嬉しいですよね。
今回もススキに紅葉に野菜達(*´∀`*)秋満載ですね♪
焦げ茶色の電車が渋くていいですね。
電車の中で野菜販売!はじめて見ました!!面白いですね~。
by たあきよ (2013-11-28 21:48) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。