So-net無料ブログ作成
検索選択

ハンディカム『HDR-PJ800』レビュー・プロジェクター機能を使ってみました! [ビデオカメラ(Handycam)]

基本的なビデオカメラの機能はもちろん、プロジェクター機能を従来モデルより充実させてきた2014年モデルのソニーハンディカム・HDR-PJ800。

今回は明るくなったプロジェクター機能を実際に使ってみたレビューを紹介したいと思います。

HDR-PJ800_pjreview01_001

HDR-PJ800のプロジェクターは、最大50ルーメンと明るくなり台形補正機能を搭載するなど、ますます機能充実。撮影したらすぐ上映会が出来てしまうお手軽さも便利なところ。

ソニーストア (ソニーのweb直販サイト)
プロジェクター搭載ハイグレードハンディカム HDR-PJ800

HDR-PJ800レビュー やや明るい場所でも、ある程度見れます!

それでは実演していきましょう。

投影は白っぽい壁のある屋内なら、だいたい投影することが可能。今回は店内の壁に向け照射することにしました。

HDR-PJ800_pjreview01_002

ハンディカムの操作は簡単なもので、液晶モニターを開けたところに「PROJECTOR」のボタンが用意されているので、まずそれをポチッとします。

続いて液晶モニターに、投影する画像選択について質問されますので、今回は「本機で撮影した画像」を選択しました。

HDR-PJ800_pjreview01_003

これで準備は完了。液晶モニター裏にあるプロジェクターの照射部分より光が発せられたら、壁に向かって投影するだけ。

HDR-PJ800_pjreview01_004

台形補正機能がついてあるので、上下の角度は気にせずともOKです。その都度、ピョコピョコと自動補正してくれるのが、なんとも健気な感じでカワイイ。

しかし、斜めなどの角度からの投影には補正が利きません、なるべくまっすぐ壁に照射しましょう。

で、実際の映した映像がこちらです。

HDR-PJ800_pjreview01_007

かなり伝わりにくいかも知れませんが、投影しているこの場所は、知る人はしっている当店のセミナーコーナー。そう、あの場所です。営業時間中に撮影したもので、この近辺にある照明のみ消しました。

左側にはパーテーションがあるのですが、そこから先は外が見えている場所で、投影した時間は日中左横から薄陽がさしています。

拡大したもの

一つ前に画像を拡大したもの

どのくらいの明るさかと言うと、この場所での読書は目が悪くなりそうだけど読めないことはない。テーブルにあるものは全て認識出来る。そのくらいの明るさです。

で、このくらい見えているのであれば、まずまず。と言ったところなのでは?と思いました。

部屋をもっと暗くにしたら、鮮明さも上がるでしょうし、200インチの投影は実用に耐えうるか別として100インチくらいまでの大きさはなんとなく、投影出来そうな感じがします。

それでも100インチ投影しようと思ったら、壁面から5mも離れなければ行けません。少なくとも当店では試すことが出来ませんでした。だってお店の全幅は最大で4mくらいなのです。

HDR-PJ800_pjreview01_009

今度はモニター部分をくるりと90度回転させてみました。

HDR-PJ800_pjreview01_006

するとこんな感じで投影することも可能です。まさに寝ながらできる上映会。これは、すごく楽しそうですね!

このプロジェクター機能は、HDMI端子にパソコン等をつなげることで「プロジェクター」として使うことも可能です。解像度は854×480ドット程度、過度な期待は出来ませんが、気楽に動画を楽しむ程度なら問題なさそうです。


以上、ハンディカム「HDR-PJ800」レビューとして、プロジェクター機能を使ってみました。をお届けしました。

HDR-PJ800_pjreview01_005

撮影してすぐ鑑賞会が出来るというのは、家族にとっても嬉しい機能です。だって、撮ったら撮りっぱなしになってしまうことって、けっこう「あるある」ではないでしょうか?

あとで編集してテレビで見よう!なんて言葉信用したら、いつになんねん!ってことありませんか!? それを防げるだけでも、この機能には値打ちがあるかも?なんて思ってしまいました。

デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-PJ800

美しい思い出を、迫力の200インチ大画面で
ソニーストア価格:109,800円(税込)
※送料無料
ソニーストアで詳細を見る

ソニーの直販サイト、ソニーストアではすでに先行予約の受付を開始。販売価格は109,800円。3年間のメーカー保証が受けられるようになっていますから、外で使うものだけに注目です。

詳しくはリンク先も参考になさってください。

ソニーストア (ソニーのweb直販サイト)
プロジェクター搭載ハイグレードハンディカム HDR-PJ800

関連する記事

FDR-AX100_store_001

4K ハンディカム「FDR-AX100」を見てきました!参考出品モデルをフォトレビュー!...

HDR-PJ800_NEWS_001

明るくなったプロジェクター搭載ハンディカム 「HDR-PJ800」が発表!...

FDR-AX100_NEWS_001

ハンディタイプの「4Kハンディカム・FDR-AX100」がついに登場!...


blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


3684549.gif

 


nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 5

たいへー

台形の面積の出し方・・・なんだっけ? ^^;
by たいへー (2014-02-09 06:58) 

yas

たいへーさん こんにちわ♪
詳しくは・・・ググってください(^_^;
by yas (2014-02-09 22:57) 

ゆつき

思ったより綺麗に写るもんですね。。。
こういうソニーらしさスキデス!!
by ゆつき (2014-02-10 16:26) 

yas

ゆつきさん こんにちわ♪
代を重ねるごとに機能もアップ。
白物家電要素の高いビデオカメラですが、ソニーらしい製品と言えますよね♪
by yas (2014-02-10 19:20) 

simons

台形は、(上底+下底)*高さ÷2だったはず・・・・・・はず
by simons (2014-02-12 10:11) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。