So-net無料ブログ作成
検索選択

α5100 レビュー「軽快一眼!タッチシャッターで思い通りに!」 [α5100(ILCE-5100)]

コンパクトで持ち歩きしやすくタッチシャッターも搭載され、思い通りに写せるようになった、ソニーデジタル一眼カメラ α5100のレビューをお届けします。

とにかく”軽快”。α5100はそんな言葉がまさにピッタリ。ディスプレイにタッチするだけでシャッターが切れる「タッチシャッター」機能に、最高6コマ/秒の高速連写機能でパシャパシャと心地よく写せます。

価格帯で言えばエントリークラス。しかし、それ以上、価値の高い1台に仕上がっていました。

 

α5100 まずはパッケージチェック!開梱編

α5100レビューまずは開梱から。パッケージから本体・付属品 を取り出すところから始めていきましょう。

α5100を初めて手にした時の印象は、月並みな言葉ですが「コンパクトで軽量」。

普段α6000とかα7とかをメインで使っている筆者ですが、α5100は本当に驚くほどコンパクト。これで大型センサー(APS-C)を搭載して、レンズ交換も出来るだなんて、一昔前からしたら信じられないくらい。

あとでカタログで調べたら、本体だけでの重さは224g・・・軽いです!

また、プラスチックで構成されている本体ですが、今回レビューで紹介しているホワイト色は塗装の良さもあってなかなかオシャレな雰囲気です。

付属品に目をやると、バッテリーやストラップ等が用意されていました。α5100の付属品だけで充電を行う場合、本体内で行います。

付属のUSBコードとACアダプターを使用し本体に接続し、あとはコンセントへつなげれば充電開始。

ちなみにバッテリーの充電は、充電器があると本体内で行うより素早く充電することが可能です。

個人的にも、このチャージャーを使用しているのでハッキリ言えるのですが、一度チャージャーを使い出すと本体内充電はコードの接続等はじめ、なんだか面倒な作業にも思えてきます。持っていると、とっても便利なアクセサリーと言えるでしょう。

バッテリーチャージャー・BC-TRW

持ち運びに便利なコンパクトサイズのWバッテリー用チャージャー。LED搭載で充電状況の確認も。

ソニーストア価格:5,695円+税

送料無料・2014/09/05 現在の価格


価格がそれなりにするのが、少しお財布的に痛いところではありますが・・・

ちなみにチャージャーには、バッテリーインジケーターも用意されてあるので、どのくらいの充電状況かも一目で確認出来るので、この辺りも便利だなぁ、と思ったりするところです。

あると便利!と、いうことであればα5100の標準レンズキットに同梱されていない「レンズリアキャップ」や「ボディキャップ」は、ぜひとも買っておきたいアクセサリー。

レンズは常につけっぱなし。交換することなんて一生ない・・・かも。

なんて方にはオススメしませんが、レンズ交換の際に保護するものがないと、内部にホコリが入り放題。そんな時に必要なのが両キャップです。

キャップをすればなんだか安心。

レンズを買い足したとき、これらキャップを装着することで、安心してレンズ交換が出来ますね。

ボディキャップ ALC-B1EM

α(Eマウント)ボディ用のボディキャップ。

ソニーストア価格:540円+税

送料無料・2014/09/05 現在の価格


レンズリヤキャップ ALC-R1EM

α(Eマウント)レンズ用のレンズリアキャップ

ソニーストア価格:540円+税

送料無料・2014/09/05 現在の価格


開梱編とか書きながら、いつのまにかオススメしたいアクセサリー紹介のコーナーになってしまいました。

でも、バッテリーチャージャーはあると便利なのは間違いないし、各キャップも個人的には必需品だと思っています。これから購入を検討される方は、ぜひお忘れなく!

 

α5100 タッチシャッターで軽快な撮影!

時計合せなどの初期設定をささっと済ませ、α5100注目機能のタッチシャッターを早速試してみることにしました。

オートモードで、シャッターを半押しにした時、思ったところに、なかなかピントがあってくれない。ってこと、ありますよね?例えば、上の写真のような感じ。

おもちゃにピントを合わせたくても、まったく検討違いなところにピントが・・・

でも、タッチシャッターなら・・・

合せたいところにタッチした瞬間にピントが合って、即時にシャッターがパシャ!と、切れるんです!

例えば上の写真なら、台の下にいるアヒルちゃんにもピンポイントでピントが合わせられます。

しかも、これが素早くて反応してくれて、とっても心地イイ!!タッチしてパシャ!タッチしてパシャ!どんどん写せていける感じです。また、タッチシャッター機能を使えば、下のような写真もカンタンに写せました。

手前にある被写体にピント合せてパチリ。

これはわりと、フツーなのですが・・・

ペンギンさん奥の、被写体にタッチしてパシャ!なんてこともカンタンに。

こんな感じで、ピント合わせが難しい構図であっても、画面に直接タッチすれば後ろの被写体にピント合わせて写せたりと、意図した感じで写せますよ。

結論。α5100のタッチシャッター機能は使えます!

 

自分撮りも楽しい!約180度回転する背面ディスプレイ

α5100には自分撮りを可能にする180度チルト可動式のディスプレイが搭載されています。

これもすごく楽しくて便利な機能なのですが、筆者を自分撮りしても、ただのおっさん写真にしかならないので、ここは当店撮影コーナーの住人たちに集まってもらいました。

自分撮りする時は、自動的に3秒間のセルフタイマーが機能するようになっていて、ディスプレイの右下に表示されるようになっています。

3・2・1、パシャ!って感じで、これがすごく楽しい!

一眼ならではの背景のボケ具合も、センサーの大きな「α」ならではな感じ。なかなか、イイ感じに写っていますね。

 

連写能力も魅力!1秒間の秒6コマで最大56枚!

α5100は連写能力も魅力です。

1秒間に秒6コマ写せることが出来る連写機能に加え、そのままシャッターボタンを押し続けることで最大約56枚もの連続撮影も可能とのこと。

こちらは当店撮影コーナーの動く被写体として活躍中の、トーマス君で試し撮りです。

上の画像は28コマしか表示されていませんが、右側から現われたトーマス君が左側に走り抜ける27コマ目まで、一部始終を写すことが出来ました。

最大56コマと言えば「この倍も写せてしまう」訳ですが、実際にカメラを構えて、シャッターを押し続けていると「いつまで撮り続けられるねん!」って、感覚になります。

思わず私も大阪弁になってしまうくらい、ずーっとパシャパシャ、パシャパシャ連写してくれますよ。

走り回るお子さんや、スポーツ撮影、ペット撮影などで、この連写機能は頼りになりそうですね!

有効画素数も、2430万画素あるので、少々トリミングしても大丈夫。撮り続けてベストショットを狙いましょう。

 

ケースをつけてオシャレと保護 α5100 ボディケース LCS-EBD

α5100には、オシャレな見た目の演出と、本体の保護にもなる素敵なボディケースが用意されています。

本体色ホワイトにブラウンのボディケースの組合わせ。

本体色ホワイトにブラックのボディケースの組合わせ。

カラーコーディネートを楽しめるボディケース LCS-EBD

カメラにボディケースを装着したまま、バッテリーの交換が可能に。フラットな底面で置き撮りも可能です。

ソニーストア価格:3,790円+税

送料無料・2014/09/05 現在の価格


ボディケースは全部で3色用意されており、お好みでコーデするのもよし、ケースを各色揃えて、その日の気分で着せ替えてもヨシなのです。

また、見た目のかわいさに加えて、このケースはかなり実用的な一面も。

なんとケースを装着したままでも、バッテリーの交換が出来るんです。また充電用端子もケーブル抜き差し可能。さすがメーカー純正仕上げだなぁ。と、思いました。

スタイルに合わせて楽しめる・ショルダーストラップ「STP-XSR1」

カメラをななめ掛けできるロングショルダーストラップ。かんたんに装着でき、長さ調節も容易です。

ソニーストア価格:2,743円+税

送料無料・2014/09/05 現在の価格


別売のストラップと組み合わせれば、より個性的で、毎日持ち歩きたくなる、そんなマイカメラが完成します。

持っているだけでワクワク。撮影が楽しくなること間違いなし。

なお、ソニーの直販サイト・ソニーストアではボディケースにイニシャルの刻印を出来るサービスが用意されています。

α5100+ボディケース、本体と同時購入でこの刻印サービスは無料となっています。

ボディケース単品で購入する場合は+500円(税別)で刻印することも可能です。

なお、刻印出来るフォントは6種類用意されています。

しかも、どんな感じで刻印出来るのか?刻印シミュレーションが出来るようになっています。

気になった方は、アルファベット2文字×6種類のフォントでお試ししてみましょう!

 

α5100の使い方を教えます!DVDプレゼントサービス実施中!

ソニーの直販サイト・ソニーストアでは、α5100購入特典として、「α5100の機能を駆使した一眼ならではの撮り方や、レンズ交換の楽しみ方など収録」したDVDをプレゼント。

動画で使い方がわかるからカメラ上達も早いかも!

DVDの内容を実際に見てみたのですが、いろんな楽しみ方が詰まっていて、これは値打ちがありますよ。

α5100を手元に置いて一緒に実演してみれば、雑誌とかで勉強するより、よっぽど上達早いかも!

 

α5100 ソニーストアで購入すると3年間の保証付き

さらに、α5100はソニーストアで購入すると通常1年間のメーカー保証が3年間に!しかも、落下して故障してしまったときの修理などにも無償で対応してくれる「ワイド」保証も無償でサービス。

先ほど紹介したDVDプレゼントに加え、充実の保証延長。さらには、ボディケースの刻印もあったりと、メーカー直販ならではの特典も満載。

α5100の購入はこれから、という方はソニーストアでの購入もオススメです。

 


エントリーモデルに位置づけられながらも多機能なα5100。

タッチシャッターで思い通りに、軽いから持ち疲れもなく使い勝手の良さバツグン。

α5100レビュー 、参考にして頂ければ幸いです。

デジタル一眼カメラ「ILCE-5100」

タッチで、すばやく、キレイ。高速AFと高画質を両立したタッチパネル搭載の小型・軽量デジタル一眼カメラ

ソニーストア価格:54,880円+税 ~

送料無料・長期保証<3年ワイド>付・2014/08/19 現在の価格


なお、ソニーストアでは限定販売商品として「α5100オリジナルレンズキット」もご用意しました。

α5100 ソニーストアオリジナルレンズキットでカメラをより楽しもう!

ソニーストアオリジナルレンズキットの内容は「α5100本体&標準ズームレンズSELP1650(ILCE-5100L)」+「50mm or マクロレンズ」+「フォトライフサポート」と言ったものとなっています。中でも、フォトライフサポートには注目で、レンズ・セミナー・メンテナンスなどを加入後3年間、優待価格で購入出来るというのですから見逃せません。

美しいボケ味が楽しめる単焦点レンズキット

背景がふわっとボケて美しく写せるレンズ・50mmの単焦点レンズがセットになりました。

人物撮影などに最適です。

ぼけ味活かしポートレート撮影にも最適! 50mmF1.8 OSS「SEL50F18」実写レビュー

ポートレートからスナップまで「抜き」で写すには丁度良い「中望遠域」の焦点距離が魅力のこのレンズ。単焦点レンズならではの高画質な描写力に加え、ピタリと止まる手ブレ補正機能によって暗所での撮影も可能です。


 

花や小物に近づいて撮れるマクロレンズキット

被写体にぐんぐん近づいて写すことが可能なマクロレンズがセットになりました。

テーブルフォトやお花などの撮影に最適です。

マクロからスナップまで大活躍!マクロレンズ E30mm F3.5 Macro

被写体にググっと近づいて撮影するマクロ撮影からテーブルフォト、または街中でのスナップ撮影までオールマイティーにこなすマクロレンズ E30mm F3.5 Macro「SEL30M35」。世界最軽量の等倍マクロレンズなので、どこにでも持っていきやすさも魅力!


ソニーストアオリジナルレンズキット、こちらにもぜひご注目ください。

 

使い勝手はやはり純正品・アクセサリーレビュー

また当店ではαを使った撮影をもっと楽しく、便利に快適にしてくれる純正アクセサリーを紹介しています。

こちらもぜひ、参考になさってください。

 

α6000のレビューを掲載中!

当店では注目のミラーレス一眼・α6000の徹底レビューを公開しています。

小型一眼カメラ α6000(ILCE-6000)ソニーショップ店員の徹底レビュー

高速AF・高速連続撮影などミラーレス一眼の枠を超えた操作性。しかも、α6000はこれだけの性能でありながら「お求めやすい価格」も魅力的。またまた、ソニーは凄いカメラを作ったようです!


こちらの記事もあわせてご覧ください。

 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


bloglogo_201407.jpg

 


nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 3

ゆつき

自分撮りしても良いじゃないですか(*´ω`*)

α6000と比較されがちですが、携帯性の高さ、
タッチパネル等独自のポジション持っているのですね(・∀・)
by ゆつき (2014-09-08 11:50) 

たいへー

そいうえば、まだレンズ外した事が無い・・・^^;
by たいへー (2014-09-09 07:55) 

たあきよ

合わせたいところにタッチしてピントがピシャリ!!でパシャ!!気持ちよさそうですね~快適~。
スマホのカメラはタッチしてるのになかなかフォーカス合わずイライラです。
動物フィギュアも良いですね(*´∀`)カバが特に可愛いです。
by たあきよ (2014-09-11 01:49) 

トラックバック 0