So-net無料ブログ作成
検索選択

α7 II レビュー 「α7 II × Nikon 24-70mm F2.8」 試し撮り! [α7 II (ILCE-7M2)]

個人的に持っているニコンのレンズを、ソニーα7 IIで使ってみました。と、いうのが今回のお話です。

用意したのはニコン大三元レンズの一角「24-70mm F2.8」と、宮本製作所のマウントアダプター。

これらの組み合わせ α7 IIに装着すると完全マニュアル操作になるものの、手ブレ補正機能のないニコンの「24-70mm F2.8」が”手ぶれ補正あり”で使える。と、いうのですからなんとも魅力的。

それでは実際に使ってみましょう。

 

α7 II レビュー ニコンレンズで試し撮り!

まずは、マウントアダプターをレンズに装着。

そして、α7 IIに装着すれば準備はOK。

さすが、このマウントアダプターは信頼出来るものだけあって、とってもスムーズに装着ができました。

装着後の見た目はこんな感じ。

もともとニコン 24-70mm F2.8は長さのあるレンズですから、コンパクトなα7 IIとの組み合わせは何ともミスマッチ。しかし、手にすると案外バランスは悪くなく、イケてるかも?なんて思ってしまいました。

まぁ、カメラを知らない人が見たら、完全に望遠レンズ並なんですけどね。

続いては、カメラの設定をしていきましょう。

α7 II カメラメニューの手ブレ補正設定のところから、手ブレ補正焦点距離という項目があるので、そこを選択。

手ブレ補正機能を今回のような他社製レンズで正しく使う場合は、上写真のようにその都度、適切な焦点距離を選択しなくてはなりません。

ズームレンズの場合、レンズに書かれている目安の焦点距離に合わせて、手ブレ補正焦点距離もそれに合わせる。と、いうやり方が良さそうです。

それでは、いざ撮影。

α7 II + 宮本製作所アダプタ +Nikon 24-70F2.8 SS1/10 絞り1段

肝心の手ブレ補正機能は、3軸の手ブレ補正。それでも、ピターっと止まってくれて効果はバツグンです。

結果的にブレないで写せた。と、いうより、構えている時点で像が安定しているのがいいんですよね。

手前のくまさんの目にピントを合わせて、手持ちでパチリ。構図が本当に安定します。

また、光学ファインダーだったらピンポイントのマニュアルフォーカスも、拡大機能が使える電子ビューファーで楽勝でした。

上の写真は背面ディスプレイですが、ファインダーでも同じように表示が可能。

例えば、おもちゃの車のグリルのところに合わせたい。と思ったら、その部分を指定して部分拡大。

約5.9倍もの拡大が出来る他・・・

最大11.7倍まで拡大してと、α7 IIならこんな感じで拡大して、ピント合わせが可能なのです。

また、ピーキング機能も搭載されていますので、場合によっては併用しても良いかも。

それと、α7 IIユーザーになったら、ぜひとも活用したいのがカスタムキー設定機能。

カスタムキー設定とは、ユーザーが意図的にα7 IIの機能を指定された各ボタン・キーに割り振れる機能。

例えば、私は中央ボタンにピント拡大機能を選択。

カスタマイズ4ボタンに「手ブレ補正焦点距離」をカスタマイズしました。

こう設定することにより、1プッシュでピント拡大出来たり、手ブレ焦点距離が変更できるから本当に便利。

ぜひ活用して欲しい機能です。

夜の撮影も、ほぼ手持ちでいけちゃいそう。で、手持ちほぼ行けちゃいそう。

α7 II + 宮本製作所アダプタ +Nikon 24-70F2.8 SS1/10 絞り2段

明るいレンズ+手ブレ補正機能+常用ISO6400(筆者なりの許容範囲)ですから当たり前と言えば当たり前かも。

ちなみに上の写真、等倍まで寄っても、この解像度。このシャープさ。素晴らしいですね。

α7 IIで他社製のレンズが手ぶれ補正機能込みで使えるのがわかったので、今度はまた別の組み合わせ試してみたいなぁ。と、思いました。


今回は、α7 II レビューとして個人的に持っているニコンのレンズを使ってみました。と、いう内容でお届けしました。

参考になれば幸いです。

ソニーデジタル一眼カメラ α7II

世界初・フルサイズで5軸手ブレ補正搭載、α7IIの詳細・販売価格等の情報

ソニーストア価格:189,880円+税

送料無料・2014/12/05 現在の価格

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

α7 II 徹底レビュー

α7 IIってどんなカメラという初歩的な解説から、実際に撮影した作例。専用アクセサリーなどを当店のホームページで詳しく紹介しおります。α7 IIに興味のある方、ぜひ参考になさってください。

 

α7 II

α7 II 製品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

Gレンズならではのボケ味に描写力 FE 70-200mm F4 G OSS

『フルサイズ対応』Gレンズ。ズーム全域「F4」通しでコンパクト。フルサイズセンサーを搭載したミラーレス”α”を始め、Eマウントでは初めてと言っても良い、本格的な望遠ズームレンズ・FE 70-200mm F4 G OSS(SEL70200G)のレビューをお届けします。

意図する表現を可能に 標準ズーム Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS

写りに定評のあるツアイスレンズの魅力を、軽くコンパクトに詰め込んだ「SEL2470Z」は、24-70mmズーム全域F4通しの高画質指向。フルサイズセンサーに対応した、これからの標準ズームレンズの実写レビューをお届けします。


世界を広く切り取る 広角ズームレンズ Vario-Tessar T* FE 16-35mm

ズーム全域F4通しでカールツアイスレンズを採用。高画質な広角ズームレンズです。風景写真をはじめ、狭い場所、手前にあるものを大きく写しつつ背景も広く写せるなど、1本あれば大変便利。


極上の描写力に極上のボケ味 単焦点 SonnarT* FE55mmF1.8ZA

最新の光学設計でツアイスならではの高い解像力と、美しいボケ描写が魅力的。Eマウントのフルサイズセンサーに対応した極上の描写力が魅力の単焦点レンズ「SEL55F18Z」こと「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」の実写レビューをお届けします。


 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


bloglogo_201407.jpg

 


nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 4

たいへー

カメラでも、他メーカーとのコラボをするんですね。
泥沼一直線になりそうですね。^^;
by たいへー (2014-12-14 07:43) 

ゆつき

こういう組み合わせもアリなんですね。
他メーカーさんからでも安心して移動出来そう(笑

それにしても手ぶれ補正凄い。
α7sの高感度、α7Ⅱの手ぶれ補正。
夜景撮影にはどちらが向いているのかなって気になります(*´ω`*)
by ゆつき (2014-12-15 10:28) 

yas

たいへーさん こんにちわ♪
これはもちろん非公認ですよ。
でも、マウント遊びと言って、過去からずいぶんと楽しんできたものです。
はまっちゃうと、まさに一直線。なかなかの沼です!
by yas (2014-12-27 18:21) 

yas

ゆつきさん こんにちわ♪
オールドレンズだけが脚光浴びていますが、私のような最近のN社ユーザーでも大丈夫。
いろんなレンズで遊べそうです♪
それにしても手ブレ補正はホントスゴイですよ。
α7Sは暗くても被写体を止めれる。
α7IIは低いISO感度でもブレずに写せる。と、言った異なった用途で使えます。
使い勝手はまさに、被写体次第と言ったところだと思います。
by yas (2014-12-27 18:24) 

トラックバック 0