So-net無料ブログ作成

α7R2(ILCE-7RM2)が到着!開梱レビュー [α7R II(ILCE-7RM2)]

胸躍るカメラがついに到着!!

α7シリーズのフラッグシップモデル「α7R2(ILCE-7RM2)」が発売日の本日、予定どおりに到着しました。

新商品では、おなじみとなった「開梱レビュー」をお届けしたいと思います。

 

α7R II 開梱レビュー!

今回のレビュー、パッケージデザインはあえて割愛します。

コンサートでセットリスト先に知ってしまうほど、がっかりされる方もおられますので・・・

特別感はありませんが、購入された方は到着まで楽しみにお待ちくださいませ!

そんな訳で、上の写真でずらり並ぶのが、α7R II 箱の中から取り出したカメラ本体と説明書、付属品一式です。

シンプルながらも必要なものが全て揃っている感じです。

バッテリーチャージャーを同梱しているところは、ココ最近珍しいと言えるかも。

それでは付属品のチェックから行います。

まずはストラップから。

ストラップはα7R II だからと言って特別感は一切ありません。

これはα7を始めとするシリーズ通して同じものが採用。

今回のα7R IIでも同じでした。

フラッグシップモデルなだけに残念な感じもしますが、薄くて、とても実用的です。

続いてはバッテリーパックとバッテリーチャージャーです。

バッテリーパックは2つ同梱されました。

バッテリーパックもα7シリーズ通して同じものが採用されています。

あとバッテリーチャージャーが同梱しているのは嬉しいかも。

商品として発売されていた「BC-VW1」ですが、すでにソニーでは生産完了。

なぜこのチャージャーが同梱されているかは不明ですが、何かきっと意味があるんでしょう。

例えば充電が速いとか・・・

チャージャーそのものもコンパクトなので持ち運びも容易です。

なお、付属品のUSB・ACアダプターとUSBケーブルを使用すれば、本体内充電も可能です。

バッテリーチャージャーと併用すれば、バッテリー2個同時に充電が出来ちゃいます。

そして最後に紹介するのが「ケーブルプロテクター」。

α7S ユーザーならご存知の動画撮影中などのケーブル抜けを防止するものです。

使い方がわからなかったので、取り扱い説明書で確認。

ふむふむ。なるほど・・・

装着するとこんな感じになりました。

真横からみるとこんな感じです。

以上が、α7R IIの付属品でした。

この他に、ボディキャップ等が最初から装着された状態でパッケージングされています。

と、いうことで早速充電開始!

充電している間に、α7R IIの外見を見ていくとしましょう!

 

α7R II 外見チェック!

ぱっと見はα7II と同じなだけあって、あまり代わり映えしないのでは・・・と思ったのですが・・・

α7II よりもやや重い。

ショールームで手にした時はレンズやバッテリー込みだったから、よくわからなかった・・・

だけど、箱から取り出して”素”の状態を手にした時、α7II 比 ”やや重い”ってすぐにわかりました。

モードダイヤルのロックボタンもアクセントになっていて、上級を感じます。

T*コーティング処理が施された証明とも言えるファインダー。

上の写真から見る角度のα7R II がお気に入りになってしまいました。

それでも正面からみると、α7IIとまったく同じ。

背面側も基本的に同じながらも、α7R IIのロゴがディスプレイ左上にキラリと光ります。

やや重くなったせいもあってか金属の塊感が一層ました感じもします。

触れば触るほど、眺めれば眺めるほど・・・撮影に行きたい!!

思わず衝動に駆られるのでした。

 

α7R II と α7 II 外見を比較してみました。

バッテリーの充電がまだのようなので、α7R II と α7 II の外見を比較してみることにしました。

正面からみたら、うりふたつ。まさに双子の兄弟と言ったところ。

αロゴの下部分に目をやると「α7 R」「α7 II」のバッジだけが判別ポイントです。

パーマンのコピーロボットでいうところの赤い鼻かそうでないか。みたいな違いです。

ただ、軍艦部を見てみるとかなり異なる印象を受けます。

モードダイヤルのロックスイッチが用意されたα7R IIはかなりの立派感。

そこだけしか変わらないのになぜか、大きく違って見えるから不思議なところです。

私の個人事ですが、α7IIシリーズの軍艦部のデザインって結構好き。

特にモードダイヤルが配置されたところなどは「全て丸」で構成されていて、よく見ると凝っているのが解ります。

ファインダー部分も比較するとこんなに違います。

背面からみても幅広なファインダーの印象を受けるがα7R II。

↑ α7R II

↑ α7 II

そして軍艦部左上部には4K動画が記録できるカメラである「4K」のロゴが入りました。

最初はあまり代わり映えしないなぁ。と、思っていたα7R II。

手にすると、α7 IIよりも若干重く、より金属の塊感を感じることが出来、外像も僅かなパーツやイラストの変化でかなり違う印象を受けました。

 

こんな感じでα7R II本体を眺めたり、比較写真を写していると、バッテリーのチャージも終わったみたい。

いざ起動するであります!!

続きはまた撮影に行ってから書きたいと思います。

あ!そうだ・・・液晶保護シート貼るの忘れてました。大切なカメラです、ガリッと傷が付く前に・・・

続きは液晶保護シートの話かも。(前後するかも)


今回はα7R IIの開梱レビューをお届けしました。

デジタル一眼カメラ α7RⅡ ボディ ILCE-7RM2

世界初35mmフルサイズ裏面照射型 Exmor R CMOSセンサーを搭載したα7RII

ソニーストア価格:ソニーストア価格:438,880円+税

送料無料・2015/07/22 現在の価格


現在は納期が不明になってしまった α7R II。

予約しとけば良かった。。そんな声もちらほら聞こえます。バックオーダー入れないと、いつ手に入るかわかりません。

秋口に楽しまれる方は、ぜひ今からオーダーをお願いします。

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

α7R II レビュー

当店では発売前ではありますが、ホームページにてα7R IIレビュー記事を公開しました。

レビューと言っても、現在は概要を書いているだけですが、今後作例も公開する予定です。

興味のある方は、ぜひお目通しください。

α7R II(ILCE-7RM2) 徹底レビュー

コンパクトな本体にソニーの最先端技術を惜しみなく投入!! α7R IIは歴代最高スペックを搭載し登場。数えきれないほどの魅力が、α7R IIには詰まっています。

デジタル一眼カメラ α7RⅡ ボディ ILCE-7RM2

世界初35mmフルサイズ裏面照射型 Exmor R CMOSセンサーを搭載したα7RII

ソニーストア価格:ソニーストア価格:438,880円+税

送料無料・2015/07/22 現在の価格


 

手持ち撮影の常識を変えるカメラが登場! α7 IIレビュー

α7 IIの実機レビュー記事も公開しております。

α7 II 徹底レビュー

機動力を活かせる小さなボディに圧倒的な描写力で記録ができるフルサイズセンサーを搭載。そのうえボディ内に手ブレ補正機能も搭載した、ソニーミラーレス一眼カメラ「α7II(ILCE-7M2)」のレビューをお届けします。


2015年夏のフォトコンテスト作品募集開始

当店では、この夏、ソニーのカメラを使って写した作品による「フォトコンテスト」を開催します!

2015年夏のフォトコンテストのテーマは「夏を感じる風景」。

夏は始まったばかり。

募集締め切りは8月25日の火曜日までと、写すにはたっぷり時間がありますので、どしどしご応募ください!

なお、今回も上位入賞者の方には撮影に役に立つ「素敵な賞品」をご用意しております!!

みなさまの素敵な作品。心より楽しみにお待ちしております。

 

詳細につきまして、当店のホームページ(下のリンク先)にてご確認ください。

よろしくお願いいたします。

 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


bloglogo_201407.jpg

 


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

トラックバック 0