So-net無料ブログ作成
検索選択

FDR-AX55、FDR-AX40など、2016年モデルのハンディカムが一斉発表! [ビデオカメラ(Handycam)]

2016年1月13日の本日、4K画質のビデオカメラ「FDR-AX55」「FDR-AX40」などをはじめとする2016年モデルのハンディカムが一斉に発表されました。

2016年モデルのハンディカム

  • ファインダー搭載 4Kハンディカム 「FDR-AX55」
  • 4Kハンディカム 「FDR-AX40」
  • プロジェクター搭載 フルHDハンディカム 「HDR-PJ670」
  • フルHDハンディカム 「HDR-CX675」
  • フルHDハンディカム 「HDR-CX485」

※ハイエンドモデル 「HDR-AX100」は継続販売です。

新しく発表された中でも、特に4Kハンディカムは、なかなか気合が入っています!

なんと「イメージセンサー」に加え「レンズ」までもが新開発!手ぶれ補正がさらに進化しハンディカム史上最強の手ぶれ補正を実現し、デジタル一眼カメラ「α」で培ったオートフォーカス「ファストインテリジェント「AF」でピント合わせも高速になったのだとか。

それでは今回発表された各モデルの特長を詳しくみていきましょう!

 

4Kハンディカム 「FDR-AX55」「FDR-AX40」 光学20倍ズーム

2016年モデルの4Kハンディカムとしてラインナップされた2つのモデルは、新開発のイメージセンサーにレンズが搭載され、新手ブレ補正、新AFが採用されました。

新開発イメージセンサー

新しい4Kハンディカム用に新開発されたイメージセンサーのスペックは、1/2.5型(16:9)、総画素数857万画素(動画829万画素)。従来機と比べると1/2.5型となり大型化し、アスペクト比は動画用に設計された16:9。まさに4K動画を高画質に映すために最適化されたものとなっています。

※昨シーズンモデルは「1/2.3型」型でした。

 

新開発レンズ

レンズにはカールツアイス バリオ・ゾナーT*を採用。そのレンズ構成にはソニー独自のAAレンズやEDレンズを搭載。この効果により光学ズーム倍率が20倍に、広角撮影も26.8mmから使えるようになりました。

※昨シーズンモデル 光学10倍で広角29.8mmでした。

また。T*マルチコーティング効果により逆光にも強くなっているとのこと。

 

新手ブレ補正機

従来の空間光学ユニットによるブレ補正に加え、電子処理によるブレ補正「インテリジェントアクティブモード」を搭載。この結果5軸方向のブレに対応しました。従来機比、最大約15倍も”ぶれない”を実現したそうです。

 

新 AF

デジタル一眼カメラ「α」で培ったオートフォーカス「ファストインテリジェントAF」が採用。ピント合わせが高速になり、追従感度も向上しました。

 

新マイク構造

新マイク構造により5方向からの集音が可能になったことに加え、マイク機構内での反響を抑えクリアに収録出来る構造になっているとのこと。

※昨シーズンモデル 1方向

 

その他の機能

1080p フルHD撮影時においての120fpsのハイスピード録画記録が可能になりました。

※昨シーズンモデルは720p 120fpsでした、

 

昨シーズンモデルとの違い(既出外)

上記の新機能に加え、昨シーズンモデル(FDR-AX30)から約50g~75gも軽量化。そのほかSDカードも要望の多かった「SDHC」に対応しました。

 

FDR-AX55とFDR-AX40の主な違い

基本的な仕様はそれほど変わりませんが、AX55のほうがより付加価値を搭載したものとなっています。

FDR-AX55 液晶ビューファインダー、レンズリング、3.0型モニター(92.1万画素)、質量約535g

FDR-AX40 ファインダーなし、レンズリングなし、3.0型モニター(46万画素)、質量約510g

 

発売日は共に2016年2月19日を予定しています。

ソニーの直販サイト「ソニーストア」ではすでに先行予約販売を開始しました。

FDR-AX55

ビューファインダー、マニュアルリングを搭載したこだわりのハンディカム史上最高峰モデル

ソニーストア価格:139,880 円+税

送料無料・2016/01/13 現在の価格

 

FDR-AX40

画質、手ブレ補正、フォーカス性能が更に進化した、ハンディカム史上最高峰モデル 。

ソニーストア価格:119,800円+税

送料無料・2016/01/13 現在の価格

なお、ソニーストアのキャンペーンではありませんが、ソニー4Kハンディカムご購入キャンペーンも実施開始。購入後、応募期間内に製品登録をすると、もれなくハードディスクなどがもらえますよ。

詳しくはリンク先でご確認ください。

 

プロジェクター搭載ハンディカム「HDR-PJ675」 光学30倍

プロジェクター機能を搭載したハンディカムはこの「HDR-PJ675」のみとなりました。画質はフルハイビジョン。前モデルである「HDR-PJ670」の基本仕様はそのままに、新しい手ブレ補正機能や新AFを搭載(4Kモデルで紹介したので割愛)。

ぶれない & 高速ピント合わせを実現しています。

HDR-PJ675

さらに手ブレに強くなり、プロジェクターも楽しめる、高画質スタンダードモデル 。

ソニーストア価格:79,880円+税

送料無料・2016/01/13 現在の価格

発売日は2016年1月22日なっています。

 

フルハイビジョンハンディカム「HDR-CX675」 光学30倍

先ほど紹介した「HDR-PJ675」のプロジェクターを搭載しないモデルが、この「HDR-CX675」です。

HDR-CX675

ブレない撮影で美しい高画質スタンダード 。

ソニーストア価格:69,880 円+税

送料無料・2016/01/13 現在の価格

こちらも発売日は2016年1月22日なっています。

 

スタンダードモデル「HDR-CX485」 光学30倍

お求めやすい価格帯のハンディカムがこちら「HDR-CX485」。手ブレ補正は従来の光学式ですが、新AFを採用したフルハイビジョン画質のハンディカムです。

HDR-CX485

コンパクトでも、手ブレをしっかり補正してキレイに撮れるベーシックモデル 。

ソニーストア価格:59,880 円+税

送料無料・2016/01/13 現在の価格

発売日は2016年1月22日なっています。

 

以上、2016年モデルとして発表されたハンディカムでした。参考にしていただければ幸いです。より詳細につきましてはリンク先を参考になさってください。

 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


bloglogo_201407.jpg

 


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 13

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。