So-net無料ブログ作成

購入!VAIO Z 2016 フリップモデル フルスペックの勝色シルバー 到着しました! [VAIO Z]

先週の火曜日(3月1日)、個人的に購入をした「VAIO Z 2016 フリップモデル」が到着しました!!

CP+以降、お店のイベントや研修もあったりで、すごく忙しい日々を送っていてなかなか触れずにいたのですが、休みの日に1日かけてセットアップ完了。そして、会社用に使っているZ Canvasとのクラウド連携やらのセットアップも済ませ、ようやく昨日あたりから本格運用をはじめました!

VAIO Zは質感の高さに加え、ワンランク上のプロセッサーにハイスピードSSDを搭載し使っていて快適そのもの。デザインのカッコよさも相まって、カバンから取り出すたびにニマニマしてしまいます。

なんだか自慢話みたいなエントリーですが、私が購入したスペックなんかも紹介したいと思います。

 

VAIO Z 2016 フリップモデルを購入!初回特典も無事GET

私が購入したVAIO Z はソニーストアのカスタマイズモデル、通称VAIOオーナーメードモデルです。

ここのところ忙しくて火曜到着でもセットアップは週末になるかも。と、思いつつ、到着予定日が近づくに連れ「まだかな・まだかなー♪」と、学研のおばちゃんを待つ心境(古い)に。

出荷予定日の夕方になって「サービスチケット」のメールや「発送メール」が到着すると「いよいよ明日!」でテンションもMAXに!長渕剛さんの「俺の太陽」という楽曲の歌詞「もう、明日が、待ち、きれねぇ~」の、この部分だけが頭の中をぐるぐるまわります(汗)。

そしてその翌日の午前中、佐川急便さんにて無事に手元に届けられました!

さっそく開梱です!

送品用のダンボールに貼られているテープをカットし、ケースを開けると・・・・

初回購入特典「Z ENGINE 基板アクセサリー」がペロ~ンとテープで貼られていました!

私がこのVAIO Zを注文(ソニークレカ)したのは受注開始日の翌日、午後1時頃。ブラックの勝ち色仕様の納期がボチボチかかり始めたころです。

その日の午後5時頃、初回購入特典は終了したのですが、いま思うと、ちょっとの判断でもらい損ねたってことにもなりかねませんでした。「絶対に欲しい」購入特典でしたので、とても良い判断をしたように思います。

ちなみに頂いた「Z ENGINE 基板アクセサリー」のシリアルは「0440」。

なんてナンバーだ・・・なんてことは置いといて。

プレゼント終了のおおよそ4時間前で「440」ってことは、プレゼントの数は500くらい?初回の販売台数にしたら少なそうだし、実際にはよくわかりませんが、プレゼントの数はそれほど多くないんだろうな、って思いました。

そんな「Z ENGINE 基板アクセサリー」を、私がもつ「Z ENGINE コレクション」と並べてみました。

このバッヂは昨年、VAIO Z Canvasが発表された直後、六本木ヒルズに一時的にオープンした「VAIO Cafe」に行ってVAIOのTシャツを購入したときに同封されていたものです。

今回の初回購入特典の欲しさは、私の「収集癖」が出てしまったと言えるかも。。

 

VAIO Z フリップモデル 注文スペック

今回、私が注文した「VAIO Z」のスペックはこんな感じです。

VAIO Z フリップモデルのシルバーがベースに、Core i7 +メモリー16GBの時だけ選べる「勝色ダブルアルマイト仕様」。ストレージの容量は、予算もあってめちゃめちゃ悩んだのですが、Z Canvasとのクラウドも考えて同じ容量「512GB」をチョイス・・・

つまり。

フルスペック仕様になってしまいました!

フルスペック=贅沢な感じもしますが、仕事とプライベート両方で使う道具だから思い切りました。あとは使いこなすだけ!なのです!!

いつもなら、このノリで開梱レビューをお伝えする流れになると思うのですが、以前、開梱レビューは店頭展示モデルで紹介させていただきました。同封品など気になる方は下のリンク先も参考になさってくださいね。

VAIO Z 2016年モデル店頭展示を開始!クラムシェル&フリップ 開梱レビュー

ついにこの日がやってきた!本日2016年2月26日はVAIO Z 2016年モデルの発売日です!


 

シルバーフリップモデルの勝色は地味・・・

初期セットアップを済ませたあとは、諸々のアップデートを敢行。ソフトやアプリをインストールし、実際に使い出して快適さを改めて実感。紙のノートの代用も十分に出来そうなことに改めて気付きました。

動作はサクサクで本当に快適。

モバイルパソコンとして使う分には最高でしょう。外で動画編集やらRAW現像もストレスなく動いてくれるのを確認するたびに「Z いいね!」なんて言っちゃいます。

でも、到着後から少しだけ気になったことがありました。。。

それにしても地味だよなぁ・・・

と、思ったのが「勝色 ダブルアルマイト仕様」の輝き?具合。上の写真のように角度を調整して撮影すればキレイに青く光ってくれるのですが、角度次第では通常シルバーとあんまし変わらないかも。

願わくば、もう少し強く勝色が出て欲しかった・・・

ちなみにブラックと比べるとこんな感じ。

ブラックも遠目で見ると・・・「ん?」って感じですが、実際に見るとシルバーよりは、もっとわかりやすく青く輝きます。シルバーなんて遠目からみると、全然わからない。

ブラック色そのものが色濃く、暗い色というこもあり、より目立つってこともあるんでしょうけど、さりげない演出レベルではない「目立ち難さ」(爆)。と、思って、シルバー同士ならどうって比較してみると・・・

たしかにシルバー同士なら「勝色」は感じられることを発見!!

ただ、これも意識した角度から写真を撮っているのでよく見えるだけ。

他人にドヤ顔出来る域ではないので、これからシルバーでプラス2,000円の勝色選択を悩まれている方は、この記事を参考にぜひお悩みください!勝色でドヤってしたい方はブラックの方がオススメ。今は納期かかるけど。

 

やっぱりカッコイイ VAIO Z

そんなこんなで、一部の要望を除き、すこぶる快適に使い始めた「my VAIO Z 2016フリップモデル」。

お仕事では大切な出来るパートナーとなり、プライベートでも、薄いのでどこにでも連れて行ける存在になりそうです。

どこにでも連れて行くと言えば、そう言えば競馬データベースソフト「TARGET」の初期セットアップも寝ている間の4時間程度で完了していたのには驚きでした。以前のZ(Z21 i7+8GB+SSD 512GB)では丸1日くらいはかかっていたのに・・・

Z21が在来線なら、VAIO Z 2016年モデルは新幹線くらいの速さかも。そのくらいの速度感イメージです。

それにしてもこのデザインはやっぱりカッコイイですね。シルバーにすると勝色はホント目立たないけど、VAIO Zはシルバーの方がより薄く見えるのは私だけでしょうか?

丸みはあるんだけどエッジが利いていて、手に持つとサラっとした加飾。本当に所有欲を満たしてくれます。

VAIO Zで、ワクワクできる毎日が待ってる予感!末永く愛用していきたいと思います!以上、報告でした!

ビジネスモバイルマスターピース VAIO Z

ワンランク上の高性能・高い質感のプレミアムモデルVAIO Zにクラムシェルモデル登場!選べる2つのVAIO Z

ソニーストア価格:156,800 円+税 ~

2016/01/27 現在価格

商品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

VAIO Z 徹底レビュー

当店ではVAIO Zのレビュー記事をホームページにて公開しています。

VAIO Z徹底レビュー トップバナー

VAIO Zってどんなパソコン?って基本的なところから、新しい2016年モデルの特長に、ソニーストアで購入可能なカスタマイズモデルまでを「超」詳しく紹介していますよ。

VAIO Z 徹底レビュー(VAIO社製 2016年モデル)

従来モデルのタブレットPCにもなる「フリップモデル」に加え、通常のノートパソコンスタイルで軽量・スタミナに優れた「クラムシェルモデル」がラインアップに加わりました!

ぜひ、購入前の参考にして頂ければと思います。

 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


bloglogo_201407.jpg

 


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 14

コメント 0

トラックバック 0