So-net無料ブログ作成

当店主催 2016春のフォトコンテスト「光を感じる風景」 結果発表! [当店のイベント・情報]

「光を感じる風景」テーマに作品を募集させていただいた 「さとうち 2016年春のフォトコンテスト」。

本日、厳正なる審査、及び審査員による投票の結果が出ました。発表させていただきます!!

今回のフォトコンテストにご応募頂きました作品は全部で『17作品』。以前にも増して、ハイレベルな内容です。

どの作品も撮影者の想いがヒシヒシと伝わってくる、素晴らしいものとなっていました!

 

ソニーショップさとうち 2016春のフォトコン 結果発表!

上位入賞作品を紹介するその前に。

今回のフォトコンテスト、入賞は当初「上位3作品」に送られる予定だったのですが、特例につき「上位4作品」が入賞することとなりました。

と、いうのも、当店のフォトコンテストは、ポイント制ルールを設けており、一番と感じた作品には25ポイント、2番目と感じた作品には20ポイントとか、複数人の審査員による加点式で集計。

当然、ポイント数の多い作品が上位に・・・と、いうことだったのですが、今回のフォトコンテストでは「2作品が同ポイント数で3位」になってしまいました。

同ポイントになった場合は、上位に選ばれた回数が多い作品の方が優位になるようルール化までしていたのですが、それもなんと同数!! 同じポイント数になることだけでも、とても珍しいのに、こんなことある~?って、関係者一同、ものすごく驚きました。

そのため、とてもイレギュラーになりますが、今回のフォトコンテストは上位4作品が入賞ということになりました。もちろん入賞の賞品は、両方の作品に贈呈させていただきます。ご安心ください。

前置きが長くなりましたが、それでは結果発表です!!

 

ゴールド賞 最優秀賞 

作品名 : 光に向かって (使用カメラ α5000)

審査員からのコメント

フォトコンテストのタイトルを意識して写されたのでしょうか?作品を見て意気込みを強く感じました。

快晴のもと、傾きかけた太陽に向かってポーズをとる人物に、斜めに大きく伸びる2つの影。撮影し終えた瞬間に良いのが写せた~そんな声までもが聴こえてきそうです。

光線の角度も絶妙で、板張りの床と太陽光の反射にぬくもりを感じます。タイトルもシンプルでわかりやすく、ストーリーも感じます。とても素晴らしい作品だと思いました。

 

 

シルバー賞 優秀賞

作品名 : 冬の河 (使用カメラ α6000)

審査員からのコメント

撮影者はこの作品に至るまで、何度も何度もチャレンジされたのではないしょうか?

晴れの多い冬だから。そうは言っても、これほど美しく夜空を偶然では、なかなか撮影出来ることはそれほど多くはないでしょう。また、素晴らしい技術もお持ちのようです。シルエットになっている天文台のような建物の大きさも絶妙ですね。

見つめているだけで星が降り注いてきそう・・・うっとりする作品ありがとうございました。

 

 

 

ブロンズ賞 1

作品名 : 近未来都市 (使用カメラ α7 II)

審査員からのコメント

大阪に住む我々からすれば、馴染み深い梅田スカイビス空中庭園での1枚・・・なのですが、この作品をみて思わず衝撃が走りました。作品名のとおりまさに「近未来都市」。独特の色彩と相まって、まるでSF映画の1シーンのようです。

構図も寄り過ぎず引き過ぎす、画面真ん中、縦に走る2本のエスカレーターの位置も絶妙です。これが違う位置だと、また違った雰囲気の作品になるのではないでしょうか?

 

ブロンズ賞 2

作品名 : 期待 (使用カメラ α7S II)

審査員からのコメント

天候よし!構図もよし!あとは富士山から朝日が昇る瞬間を待つばかり!

まさに「期待」。撮影者のワクワク感までも伝わってきた作品です。全ては審査員の妄想につきませんが、作品名を察するにきっとそう言うことなのでしょう。このあとの結果もどうなったのか・・・とても気になるところです。

使用しているカメラが「α7S II」というところにも、撮影者の強いこだわりを感じることが出来ました。

というのも、「α7S II」をはじめ「α7S系」は、ダイナミックレンジが広いため、暗所での表現はもちろん、作品のようなグラデーションなどのきめ細やかな階調表現が欲しい場合にはもってこいのカメラだからです。

まさに適材・適所な組み合わせ。

構図をはじめ、撮影者のこだわりが詰まった素晴らしい作品だと思いました。

 

入賞された方には、賞品の受け渡し等を記載したメールを後ほど送らせていただきます。

ご確認のほど、よろしくお願いします。

 

以前にも増してハイレベルなフォトコンとなった今回。惜しくも入賞を逃された作品をはじめ、とても素晴らしい作品のご応募頂きましてありがとうございました。

ご参加いただき、盛り上げていただきました皆様には、本当に感謝という言葉しかありません。

入賞出来ず肩を落とされてる方もおられるのではないでしょうか?コンテストなので、順位を付けざるを得ませんが、我々にとって、応募頂きました作品は、全てが心に残る名作です。

懲りずに、楽しく、前向きに。写真は人に見てもらってナンボと思っています。

またのご参加をお待ちしております。

 

なお、今回のフォトコンテストに、ご応募していただいた全ての作品は、明日5月10日より6月上旬までの期間、当店の「フォトギャラリーコーナー」にて展示をさせていただきます。

興味のある方は、ぜひお店の方にお越し下さいね。

 

次回のフォトコンテストは、6月頃にテーマを発表します。8月末頃、締め切りでご案内させていただきたいと思いますので、また奮ってご参加ください。

 

以上、ソニーショップさとうち 2016年春のフォトコンテスト『光を感じる風景』、結果発表!でした。

 

6月4日はレトロな貸切列車で「撮影会」!

先日お伝えしましたが、2016年6月4日の土曜日は、阪堺電気軌道さんのレトロな車両をお借りした「プレミアム」な撮影会を開催します!

懐かしくて、とってもレアな車両にゴトゴト揺られ、撮影を楽しんでみませんか?!当日はプロのカメラマンも同行!そして親子のモデルさん(母と男の子)にも同乗してもらいますよ!!

募集開始時期は、フォトコンテスト上位三作品発表の5月10日。興味のある方は今からぜひ検討しといてくださいね!詳細なことにつきましては、リンク先をご覧ください。

2016年6月4日 貸切列車を使ったプレミアム撮影会を開催!

2016年6月4日の土曜日、阪堺電気軌道さんの車両をお借りして「プレミアム」な撮影会を開催します!懐かしいレトロな車両にゴトゴト揺られ、撮影を一 緒に楽しんでみませんか?!


 

ソニーショップさとうち αを使った撮影教室

当店ではソニーの一眼カメラ「αを使った撮影教室」にて撮影することの楽しさをお伝えしております。

過去行った撮影教室などの様子は、下のリンク先でご覧頂けます。

さくら満開!αを使った撮影会「さくら」を写そう!を開催しました!

2016年4月2日、αを使った撮影教室「さくら」を写そう!を開催しました!の季節とては珍しいほど、澄み切った青空のもと撮影会はスタート!満開のさくら撮影を参加されたみなさんと一緒に楽しんできましたよ。


α撮影教室「背景にこだわった写真を写そう!」ご参加ありがとうございました! 

座学と実技の80分は延長もあったりで楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。ご参加いただきました皆様ありがとうございました!


α撮影教室「鉄道を写そう!」ご参加ありがとうございました! 

私の押し付け企画?αを使った撮影教室「鉄道写そう!」を開催しました!


興味のある方はぜひご覧ください。

 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


bloglogo_201407.jpg

 


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 0

トラックバック 0