So-net無料ブログ作成
検索選択

α99II ついに到着!開梱&試し撮りレビュー! [α99 II(ILCA-99M2)]

α99II がついに。ついに私の手元にも届きました!!(と、言っても実際に到着したのは先々週の週末。)

ソニーストアでの受注開始日に即注文を入れたのにも関わらず、発売日に届かなかったのは、わたしのチョンボ。決済方法に不備があってそれが影響した結果、出遅れとなりました。

α99IIが発表された時点で、D4Sを始めニコンのレンズ、サンニッパなど一式を売却してしまったため、新しいカメラで昇格プレーオフ決勝を撮影できなかったり、発売からの期間、奇跡的?に何頭か出走した愛馬(一口)を写せなかったのも痛かった。

それでもお正月休みに使えるタイミングで届いたのは良かったです。

それでは開梱するところから始めて、試し撮りした結果も紹介していきたいと思います♪

 

α99IIレビュー 開梱!

開梱編は特に書くこともないのでサクっと行きましょう!

待ってました!

コンパクトながら塊感のあるボディは手にした瞬間伝わってきました!

ディスタゴン24mm(SAL24F18Z)を到着後最初に装着。

このレンズとの組み合わせ、見た目のバランスも良いですね。

α99IIボディに付属品一式はこんな感じ。

ストラップはα99のロゴ入り・・・IIがないのはちょっと残念かも。

まぁ、α7R2も似たようなものか・・・

随分先に用意していた、定番のセミハードシート(PCK-LM14)を装着して、いざ試し撮りへGO!!

 

α99IIレビュー 試し撮り!

試し撮りで使用したレンズは3本。

便利な望遠ズーム「SAL70400G2」と、小ぶりな望遠ズーム「SAL70300G2」。そしてF2.8通しの大三元標準ズームレンズ「SAL2470Z2」。これらで撮影したものを使用感交えて紹介したいと思います。

α99II + SAL70400G2 SS1/800 F5.6 ISO200

ふわっふわっで、もっふもふのアルパカさんを逆光気味でパチリ。毛の質感が・・・た、たまりません。思わずゾクゾクしてしまいました!

有効画素数4240万画素の緻密な描写力とでもいうのでしょうか?あのふわふわの毛並みがまるで手に伝わるような・・・、あ、そうか、あの時実際に触ったからだ(汗)。

とにかく、あまりにものリアルさに興奮してしまいました。

 

α99II + SAL70400G2 SS1/2500 F6.3 ISO800

続いてはAFの食いつき具合のチェック。いつもの仁川競馬場へやってきました。

AF-Cに設定して、AFエリアは真ん中よりやや上あたりのクロスセンサー測距点にセット。最高秒12コマモードで撮影しました。上の連続3カットは60カット近く撮影した中のごく1部に過ぎないのですが、心地よいシャッター音と共に、迫力のある瞬間を写しとめることが出来ました。

サンデーレーシングの勝負服を見て、うぉ・・・うちの愛馬(一口)写したい、って思ってたら、直近に走る予定の仔が直前に怪我。そして放牧に・・・発売日から到着までの期間、活躍(優勝)する愛馬もいたのに・・・ツ、ツイテない(泣)。

 

α99II + SAL70400G2 SS1/320 F6.3 ISO400

今度は正面からくる被写体に対してAFをチェック。

奥に見えている駅を出発した列車をAF-Cで連続撮影。手前のカーブを過ぎるまで、ずーっと抜けることなく記録することが出来ました。息切れしないバッファー容量。イイですね!

手持ち撮影のため構図はイマイチですが、パンタ(屋根上の集電装置)が絶妙な位置で止められたのも、連写能力の高さと食いつきの良いAFがあったからこそでしょう。

 

α99II + SAL70400G2 SS1/160 F6.3 ISO1000

AF性能が大きく向上したなぁ。と、強く感じたのが、トンネルからの飛び出しカット。実はこのカットもAF-Cを使って真っ暗なトンネル内に現れた列車にピントを追従させ撮影したものです。

以前の機種なら、このような撮影方法は絶望的。それを見事に写し止めることができました!

 

α99II + SAL70400G2 SS1/160 F6.3 ISO3200

高感度はISO3200くらいまでなら十分常用範囲内。等倍近くで見るとこのくらいからノイズが出始めるものの、大きくプリントしても鑑賞距離で見る分には十分過ぎるほどのクオリティです。

写す機会がまだないけどISO12800でも、多分ホームページサイズやブログサイズなら全然大丈夫そうです。

 

α99II + SAL2470Z2 SS1/15 F3.5 ISO320

強力な手ブレ補正機能も、このカメラの大きな特長のひとつ。

α99 IIは先程の作例でご覧頂いたとおりISO33200でもクリアーに撮影することが出来るのですが、よりノイズ少なく記録しようと思うなら、ISO感度は低いほうが良い。と、私は思っています。(拡張ISOは除く)

上の作例はシャター速度が1/15で撮影したものですが、もちろん手持ち撮影によるもの。しかも、かなりのローポジションから撮影(手ブレしやすい体勢)しているにも関わらず、手ブレしている感じは一切ありません。

フルサイズセンサーの高画素カメラはブレに弱い。という方式はソニーのカメラに限っては通用しないかも。改めてα99IIの手ブレ補正機能&シャッターユニットが優れていると思い知らされました。

 

α99II + SAL70300G2 SS1/15 F5.6 ISO6400

低速シャッターで撮影する被写体と言えば、流し撮りもご覧のとおり。こちらもシャッター速度を1/15にセットして被写体に合わせてシンクロさせれば、躍動感あるカットを写すことが出来ました。

こんなときも手ブレ補正の効果を体感できます。

また、この時は雨が降っている状況でしたが、ポツポツくらいなら防滴配慮設計ならではの安心感で撮影を続行することが出来ました。ただレンズが防滴対応ではないので、これを写したら、そそくさと撤退したというのは、ここだけの話です。


以上、カンタンではありますがα99IIレビュー、開梱と試し撮りを見ていただきました。お正月休みはα99IIでたっぷり撮影三昧させていただきます。また、撮影に行ったら作例とか紹介させていただきますね。

なお、今回紹介しているα99IIですが、個人で購入した商品のため、お店に来ていただいても、置いてるときと置いてないときがあります。いずれ物流が安定した時、展示機を導入することは確定していますが、まだどのタイミングで入荷してくるか目処が立ってない状況です。

一言私におっしゃっていただければ、極力ご覧頂けるようにしたいと思いますが、私が不在の場合は置いてない可能性が高いです。その時はご勘弁ください!

デジタル一眼カメラ α99 II(ILCA-99M2)

スピードと解像度を追求したAマウントフラッグシップ一眼カメラ

ソニーストア価格:388,880円+税

2016/10/07 現在価格

商品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

α99II レビュー

α99IIのレビューは現在執筆活動中です。

近日作例を等倍でご覧頂けるよう公開する予定ですので、今しばらくお待ち下さいませ。

α99II レビュー Aマウントフラッグシップを徹底解説!

α99IIは 79点専用位相差AFセンサーと399点像面センサーのハイブリッドAFシステムに、有効画素数4240万画素という高画素でありながらも、秒12コマの連写性能。5軸の光学式手ブレ補正機能を搭載するなど、Aマウント フラッグシップモデルを謳うにふさわしいスペックで登場しました。


 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


bloglogo_201407.jpg

 


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 4

はまちゃん

コンパクトなα55Ⅱも出してくれると嬉しいんですが
エントリー機は完全にEに任せちゃったようで… 
Aマウントのレンズは魅力的なのが多いので
本体が安く楽しめるのがあるといいんですけどねぇ…(^^;)
by はまちゃん (2016-12-28 00:32) 

あおたけ

おお〜!待望の新しい愛機が届いたのですね!
オレンジのラインが凛々しくてカコイイ!(´∀`)
新しいカメラの試し撮りは楽しいですよね♪
ふわふわのアルパカさんの立体感、
駆ける競走馬の躍動感、
そして能勢電や阪急電車などの迫力もバッチリで、
さっそく使いこなしているようですね!
お正月休みの撮影、成果を楽しみにしています(^^)
by あおたけ (2016-12-28 20:28) 

yas

はまちゃんさん こんにちわ♪
そうですね!コンパクトなAマウントもほしいですよね。
さすがに出してもEマウントの勢いはないと思いますが、待ってる方も多そうです。
by yas (2016-12-30 17:57) 

yas

あおたけさん こんにちわ♪
ついに到着しました!!
試し撮りは試し撮りらしくまだまだ探り探りですが、これから自分の手の内にしていきたいと思っています♪
お正月はおっしゃるとおり、α99IIを楽しむことになりそうです♪
と。言っても今日は大掃除だけでこの時間になっちゃいました^^;
by yas (2016-12-30 17:59) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。