So-net無料ブログ作成
検索選択

ハンディカム HDR-PJ680,HDR-CX680発表!メモリー64GBになったスタンダードモデル [ビデオカメラ(Handycam)]

2017年1月10日の本日、フルハイビジョン画質のハンディカム「HDR-PJ680」と「HDR-CX680」の2機種がソニーより発表されました。

例年、年始めは新しいハンディカムの発表があるのですが、今回発表されたのは、この2機種だけ。おそらく4K画質モデルは2016年モデルを据え置きということになりそうです。そういえばCES2017(世界規模の家電ショー)でも、4Kハンディカムの発表はありませんでした。

 

2016年モデルからの小マイナーチェンジ「HDR-PJ680」「HDR-CX680」

新しく発表された「HDR-PJ680」と「HDR-CX680」は、2016年モデル「HDR-PJ675」と「HDR-CX675」のマイナーチェンジモデル。

プロジェクター機能搭載 フルハイビジョンハンディカム「HDR-PJ680」

ハンディカム HDR-PJ680

プロジェクター機能を搭載した2017年モデルのフルハイビジョンハンディカム。従来モデルから2倍の内蔵メモリー容量アップ64GBで長時間記録がラクラク可能に!

ソニーストア価格:79,880円+税

2017/01/13 現在の価格

 

フルハイビジョンハンディカム「HDR-CX680」

ハンディカム HDR-CX680

プロジェクター機能を搭載した2017年モデルのフルハイビジョンハンディカム。従来モデルから2倍の内蔵メモリー容量アップ64GBで長時間記録がラクラク可能に!

ソニーストア価格:64,880円+税

2017/01/13 現在の価格

ソニーのハンディカムらしい「空間手ブレ補正(インテリジェンスアクティブモード搭載)」や、高画質に直結する「Gレンズ」を搭載するなどの優れた性能などは従来機からのスライド搭載。

もっとも大きな変更点は「メモリー容量が32GBから64GB」になったことくらいで、小さなところでも、本体質量が「5g軽量化」されたことや、付属バッテリーの型番がNP-FV**からNP-FV**Aになった程度。とても小さなマイナーチェンジモデルと言えるでしょう。

従来機(2016年モデル)からの主な変更点

  • 本体メモリー容量 64GB (従来モデル 32GB)
  • 5gの軽量化
  • 同梱バッテリーの型番変更

「HDR-PJ680」と「HDR-CX680」は全国にあるソニーのショールームでは2017年1月18日から先行展示を開始することになっています。

 

アクセサリーも新発売

2017年モデルのハンディカム発売により、新しいアクセサリーも登場しました。

おトクキット アクセサリーキット「ACC-TCV7C」

アクセサリーキット「ACC-TCV7C」はそれぞれ単品で購入するよりもオトクな価格で購入できる便利なセット商品。高容量タイプのバッテリーに加え、充電の際に便利なバッテリーチャージャーに、本体とセット収納可能なキャリングポーチにクリーニングクロスがセットされました。

いわばスターターキットようなものです。これからハンディカムを始める方にオススメです。

ACC-TCV7C

キットで購入するとお得。揃えておくと便利なアクセサリーキット

ソニーストア価格:15,880円+税

2017/01/13 現在の価格

 

高容量バッテリーパック 「NP-FV70A」

本体付属のバッテリーパックだけでは撮影出来る時間に不安。と思われる方は、高容量なバッテリーパック「NP-FV70A」をお買い求めください。バッテリー残量に余裕があると、それだけでも撮影がラクになります。

ハンディカム付属のバッテリーと比べても持ち時間は「倍」となります。

NP-FV70A

高容量バッテリーパック 「NP-FV70A」

ソニーストア価格:11,880円+税

2017/01/13 現在の価格

 

バッテリーパック「NP-FV50A」

こちらは本体付属バッテリーと同じものです。高容量バッテリーパックの大きさや重さが気になる方は、こちらをお買い求めください。

NP-FV50A

バッテリーパック「NP-FV50A」

ソニーストア価格:7,380円+税

2017/01/13 現在の価格

 

詳細につきましては、リンク先を参考になさってください。

 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


bloglogo_201407.jpg

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

トラックバック 0