So-net無料ブログ作成

小型バッテリー採用で約215g。軽~いハンディカム『HDR-CX470』発表! [ビデオカメラ(Handycam)]

2017年4月11日の本日、ソニーはフルハイビジョンハンディカム『HDR-XC470』を発表しました。

『HDR-XC470』は軽量かつコンパクトなフルハイビジョン記録が出来るハンディカム。約215gの軽量で、手軽に持ち出せブレない高画質記録が大きな特長です。それでは主な特長を紹介していきましょう。

 

バッテリー込で約215g コンパクトサイズのハンディカム

HDR-CX470はサイバーショットシリーズでお馴染みの小型バッテリー「NP-BX1」の採用で、バッテリー込み本体質量約215gの軽量化を実現しました。

大きさも全長約13センチとコンパクトで、カバンの中にスッと収まるサイズ感。ビデオカメラを持ち出すというのは、なんとなく大げさで億劫になりがりなイメージがありますが、このカメラなら持ち出していることすら忘れてしまいそうです。

なお、バッテリーが「NP-BX1」になったところでスタミナ性能は先代モデルと同等の約2時間35分。

バッテリーが軽くなってスタミナ性能が従来のままっっていうのは、とってもありがたいですね。当然予備となるバッテリーも軽いから、荷物が増えがちな旅行でも、このハンディカムとなら軽快に過ごせそうです。

ハンディカム アクセサリーセットキャンペーン

ソニーストアではストア限定で、それぞれ単品で購入するよりお得なアクセサリーセットを用意しました。

ハンディカム「HDR-CX470」と同時購入時のみ選ぶことができる「オトクなアクセサリーセット」は、予備バッテリーと「NP-BX1」とUSB出力が可能なバッテリーチャージャー「BC-TRX」、 ソフトキャンリングケース「LCS-U11」の3点セット。

スターターキットとしても便利ですので、HDR-CX470購入の際はぜひともご検討ください。

 

手振れに強い「光学式手振れ補正」機能を搭載

ソニーハンディカムではすっかりお馴染みとなった「インテリジェントアクティブモード」を搭載した、「光学式手振れ補正」機能を搭載しました。

特にワイド側での手振れ補正効果も高く、約13倍ブレないを実現。例えば、お子さんを走りながら追いかけるような撮影でも、ピターっブレない映像記録で残せます。

また、暗所に強いのはソニーのハンディカムならでは。センサーには優秀な「Exmor R CMOSセンサー」、画像処理エンジンには「BIONZ X」を搭載しました。

 

ワイドに撮れる「広角26.8mm」&光学30倍ズーム

狭い場所で後ろに下がれない・・・多人数を記録したくても両端がきれてしまう・・・そんなことがないよう、HDR-CX470は広角端の画角は「26.8mm」、そして、30倍の光学ズーム機能を搭載しました。

ワイドでも、迫力のあるアップもこれ1台。様々なシーンで活躍してくれることでしょう。

 

内蔵メモリー32GB マイクロSD対応

内蔵メモリーは32GB、工場出荷時の記録モード「AVCHD/FHモード」で約3時間25分の記録ができ、長時間の撮影でも安心です。また、マイクロ SDカードやメモリースティックマイクロ(共に別売り)にも記録が出来て、内蔵メモリーに記録した動画などを本体内でダビングすることも可能です。

 

ハイライトムービーメーカー機能搭載

撮影した映像から自動でシーンを分析し、ハイライト場面を抽出。

BGMの長さやシーンに合わせてカンタンに切り替え効果付きのショートムービーが作成出来るハイライトムービー機能を搭載しました。

撮影後難しい編集無しで、ショートムービーが楽しめる機能。購入したら、ぜひ試してみたい機能のひとつですね。


以上、本日発表されたハンディカム「HDR-CX470」について紹介させていただきました。

ハンディカム「HDR-CX470」は、2017年4月21日発売予定。市場推定販売価格は37,000円前後。ソニーストアでの先行予約販売は2017年4月14日10時より予定しております。

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

 

店員shigeのつぶやき日記

ソニーショップさとうち、スタッフ「shige」のブログもよろしくお願いします。

スタッフ「shige」のブログ 『shigeのつぶやき日記』

基本ソニーの情報をお届け。ときどき趣味も発信中。

 

bloglogo_201407.jpg

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0

トラックバック 0