So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラゴンクエストXI(ドラクエ11)まで1ヶ月!7月29日発売です! [店員の休日]

昨日、念願だったニンテンドースイッチを手に入れ、案の定、深夜まで遊んでしまった私。ゼルダは想像通りの面白さ・・・これは寝る時間だけは決めとかないと、本当にとんでもないことになりそうです(汗)。

で、そんなゲーム中、とあることに気づきました。

自宅にある時計は深夜0時になると、ピピっと電子音でアラームが鳴るんです。その時、表示された日付をみて、29日になったことに気づきました。そう!29日。と言えば、1ヶ月後の29日、7月29日はドラクエ11の発売日です!!

なんだかんだで、時が過ぎ...ついにドラクエ11の発売があと1ヶ月となりました!!(なってしまってました!)

ドラクエ11は、初作から3作目まで続いた「勇者ロトの伝説シリーズ」と関連するストーリーみたいなので、嬉しくなって、思わず家の戸棚から懐かしいものを引っ張り出してきましたよ。

せっかくなので、ファミコン版のドラクエ初作「ドラゴンクエスト」。少し中を見てみましょうか?

 

自分でいうのもナニですが・・・なかなか良い保存状態ですねぇ。

思えば1986年の作品。

私は、ドラクエ1が発売されしばらく立ってから貯めたお小遣いでファミコンを購入したクチ。なので、このソフトは初期ロットではないかも知れませんが、おおよそ30年モノには違いありません。

パッケージのイラストなどをみると、思わずその時代を感じてしまいます。

いま遊んだら、歩いても主人公が進行方向を向かないとか、会話の時、話す方向をいちいち指定しないといけないとか、その操作性にも時代を感じるものがありますが、名作はやっぱり名作です。

途中で消える、たいまつを買ってダンジョンへ行くとかのスリル感は、この作品ならではでしょう。

外箱から中を取り出すと、さすが私が保存するだけあります。カセットはビニール袋にインされて入ってました。

ときどきファミコンでは遊ぶのですが、ドラクエとの対面は久々。やっぱりイラストカッコイイなぁ。

そして同梱品もチェックします。

ハガキなんかは、そうそう!入ってましたよね~って、思わず語りたくなるモノではないでしょうか? このハガキ、生年月日のところに、平成の「平」がないところにも時代を感じますね。

私、本はツメを立てない人なんですが、取扱説明書にもツメあとなし。当時を思い出しつつ、読みふけってしまうのでした。


そんなわけで、ドラクエ11の発売がいよいよ間近に迫ってきました。

ストーリー展開のドラクエシリーズとしては、ドラクエ9以来(DS)となるドラクエ11。ドラクエ9が2009年7月11日発売だから、実に8年ぶりとなります・・・って、そんなに時間がたってるんですか?!あぁ恐い。(滝汗)。

そんな私は当然のように、すでに予約済みであとは到着を待つばかり。

ゼルダにどっぷりハマりつつ、ドラクエ11も・・・あぁ、今年の夏は久々にゲームがアツイ夏となりそうです!

PS4専用 ソフトウェア ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」※なくなり次第終了となります。予めご了承ください

ソニーストア価格: 8,080 円+税

2017/06/29 現在の価格

 

ドラゴンクエスト11 3DSかPS4で遊べます。

ドラゴンクエスト11は任天堂 3DSとソニーPS4で遊ぶことができます。任天堂は取り扱いがないため、PS4しかご案内できませんが、ドラクエのようなビッグタイトル発売前後は、きまってハードも品薄になります。

ドラクエ11とPS4同時購入で検討されている方は、もしかしたら、発売直近はハードが手に入らない可能性もありそうです。余裕があれば、今からハードだけでも抑えておくのが良いでしょう。

ダウンロード版で遊ぶなら、事前ダウンロードサービスもやってますから、ますます早く手に入れる価値は上がりそうです。

PS4は2種類から選択可能です。

PS4は、ソニーの直販サイト・ソニーストアで販売中です。

4Kの解像度でフレームレート60fpsに対応した高スペックモデル「PlayStation4 Pro」と、従来モデルの基本スペックをベースに一部機能省略で小型軽量でお買い求めやすくなった「新 PlayStation4」。現在は、2種類3モデルを用意しました。

高画質モデルをお求めなら断然オススメは「PlayStation4 Pro」ですが、予算に応じて選びましょう。

プレイステーション 4 Pro 「CUH-7000」

プレイステーション 4 Pro は、ハイエンドモデルの「プレイステーション 4」と言った位置づけ。ゲーム側での対応次第ですが、高画質な4K(2160P)映像や、なめらかな60fpsのフレームレートで楽しめるのが大きな特長です。また、ゲームプレイやスクリーンショットも通常のプレイステーション4よりも高画質で記録できます。

大きさは従来モデル(1000シリーズ)よりも大きくなりますが、プロセッサー能力がアップ。プレイステーション 4 をより楽しむなら「プレイステーション 4 Pro」といったところでしょう。

プレイステーション 4 Pro 「CUH-7000」

映像にこだわったプレイステーションのハイエンドモデル。

ソニーストア価格:44,980円+税

 2017/06/29 現在の価格

 

プレイステーション 4 「CUH-2000」

価格とデザインを一新。新型プレイステーション4は従来モデルよりお買い求めやすくなった他、約30%の小型化。1000シリーズよりも約25%軽量化。1000シリーズよりも約34%の省電力化を実現。Wi-Fiはaおよびacにも対応。Bluetoothは4.0(LE)に対応しました。

なお、従来モデル(1000シリーズ)にあった光デジタル出力端子は省略されました。従来モデルからのお買い替えの際はくれぐれもご注意くださいませ。

プレイステーション 4 「CUH-2000 BB01 」

お求めやすくコンパクトで省電力。これからのPS4。1TBモデル

ソニーストア価格:34,980円+税

 2017/06/29 現在の価格

プレイステーション 4 「CUH-2000 AB01」

お求めやすくコンパクトで省電力。これからのPS4。500GBモデル

ソニーストア価格:29,980円+税

 2017/06/29 現在の価格

最新の納期や商品の詳細などにつきましては、リンク先もご確認ください。

 

 

店員shigeのつぶやき日記

ソニーショップさとうち、スタッフ「shige」のブログもよろしくお願いします。

スタッフ「shige」のブログ 『shigeのつぶやき日記』

基本ソニーの情報をお届け。ときどき趣味も発信中。

 

bloglogo_201407.jpg

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。