So-net無料ブログ作成

遠隔操作が出来る!小さなソニーのICレコーダー「ICD-TX800」発表! [その他ソニー製品]

2017年9月12日の本日、付属リモコンもしくはスマートフォンで「遠隔操作」が出来る、とっても小さなICレコーダー「ICD-TX800」が発表されました!

講義、議事録、大事な相談話など、セパレートタイプならでのシチュエーションに合わせた録音ができ、これはなかなか魅力的。遠隔操作することにより、録音の際のドタバタもなくなります。

大切な会話内容などをスマートに残したい方にもオススメです。

 

ICレコーダー「ICD-TX800」レビュー

軽い小さい!本体約22gの軽量デザインで登場!

ICレコーダー「ICD-TX800」は録音する部分の本体と、遠隔操作を可能にするリモコン部分、2つにわかれたセパレートタイプのICレコーダー。

なんと言っても、録音機能のある本体が超小型!

縦横サイズが38mm、質量は22gしかありません!!

本体だけでも操作することはできますが、このICレコーダーのセールスポイントはなんと言っても、遠隔操作に対応しました!ってところ。超コンパクトな本体を、録音したいところにセットしておけば、あとは手元で付属リモコンやスマホアプリで録音操作。

例えば講義などで使用する場合、わざわざ録音ボタンを押しに行く必要もいりません。

これはとっても便利そうです!

 

高性能デジタルステレオマイクを搭載

小さいからと言って性能が悪ければ意味がありません。

「ICD-TX800」には高音質録音が可能な、高性能デジタルステレオマイクを搭載しました。

また、電源がオフの状態でも録音ボタンを押せばすぐに録音をスタートする「ワンプッシュ録音」や、事前に録音開始のタイミングを設定し録音のし忘れを防止する「録音開始タイマー機能」などの便利な機能を搭載。

録音シーンをプリセットした「シーンセレクト」には「ポケット」モードなども用意しました。

例えば「ポケット」モード。本体のクリップ機能を活かし、ポッケの入り口にセッティングします。このままでは、こすれ音を拾ってしまうのですが、それらのノイズを大幅に低減してくれるのだとか。

この他にも「シーンセレクト」には会議、公園、メモ、インタビューなどが用意されていて、様々なニーズに応えて最適化録音。なかなか高機能なものとなっているようです。

本体メモリーは16GB。最大録音時間は、LPCM 44.1kHz/16bitで 21時間35分。MP3 128kbpsで 238時間の録音可能とたっぷり記録することが出来るようになっています。

 

約15時間 録音可能なスタミナ性能

本体約22gの小型・軽量ながら、録音時の電池持続時間約15時間のスタミナ性能。長時間会議や、毎日のミーティングなど時間を気にせず使えるには嬉しいところでしょう。

また、約3分の充電で約1時間の録音ができる、急速充電にも対応しました。

 

録音したものはパソコン管理

録音したデータをパソコンに管理・編集できるソフトウェア「Sound Organizer 2」(サウンドオーガナイザー 2)を付属、本体メモリーに内蔵しました。録音したデータは写真と違って目で見えないため、管理が結構面倒。でも、このソフトウェアを使えば管理が楽に行えます。

ただし注意点が1つ。このソフトMacには非対応、注意しておきたいところです。

 

オールインワンパッケージ

「ICD-TX800」はあとでアクセサリーなどを買い足す必要がないほど付属品が充実しています。リモコンと本体を一緒に持ち運べるキャリングケースをはじめヘッドホンも付属してますよ。


今回は2017年9月12日発表されたICレコーダー「ICD-TX800」を紹介させていただきました。

ステレオICレコーダー ICD-TX800

遠隔操作が出来るICレコーダー登場!

ソニーストア価格:19,880円+税

 2017/09/12 現在の価格

発売日は2017年10月7日を予定しており、ソニーの直販サイト・ソニーストアでは19,880円+税の販売価格となっています。詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

 

店員shigeのつぶやき日記

ソニーショップさとうち、スタッフ「shige」のブログもよろしくお願いします。

スタッフ「shige」のブログ 『shigeのつぶやき日記』

基本ソニーの情報をお届け。ときどき趣味も発信中。

 

bloglogo_201407.jpg

 


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 0