So-net無料ブログ作成

新VAIO S11 何が変わった?2017年9月発表モデルと旧S11を比較してみた! [VAIO S11]

昨日、待望の新モデルが投入されたVAIO社のパソコン、VAIO Sシリーズ。中でも、前モデルよりデザインが一新された11型モデルの「VAIO S11」に興味を持たれた方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はこのたび発表されたVAIO S11と、旧S11を徹底比較!何が変わった?と題して、主に新旧変わったところを中心にまとめてみました。ぜひ参考になさってください。

※S13用の比較記事も書きました、S13の新旧比較知りたい方はこちらもどうぞ!

 

2017年9月発表 VAIO S11と旧S11を比較

新・旧S11 ぱっと見の印象はどう?何が変わった?まずは外装からチェックしていきましょう。

外装をチェック!!

写真を見てわかるとおり、新しいVAIO S11はかつての「VAIO Pro」を彷彿とさせる雰囲気。一言で言うなら「スタイリッシュ」になりました。天板にはUDカーボンが採用され、軽量化と共に強度を保っているところもポイントです。

一方、旧S11はというと、ガラス繊維入りの強化樹脂を採用するものの、プラスチッキーは否めない印象。

外見は個人の好みでもあるので、なんとも言えないところですが、やはり私は新しいS11のデザインに惹かれます。キーボードのところに用意されたアルミ1枚板のパームレスト(フラットアルミパームレスト)もまた、カッコイイんですよね。

 

重さ・大きさをチェック

大きさ重さも結構違います。

旧S11も手にしたら、とても軽い印象を受けますが、新S11はさらに軽いんです。1キロ切ってからの「80gの差」は相当大きなものに感じました。これは天板部分に用いられた「UDカーボン」によるところが大きいのだとか。

 

プロセッサーの違いもチェック

プロセッサーは旧S11のインテル第6世代に対して、新S11はインテル第7世代のものを搭載しました。

調べによると第6世代が100にたいして、12%もパフォーマンスアップするのが第7世代。10個の作業するうちに11個の作業をし終えるイメージでしょうか?プロセッサーの世代アップは確実に効率もアップします。パっと見は、たかが12%アップ程度にも思えますが、このパフォーマンス向上はかなり大きいでしょう。

 

メモリー搭載の違いもチェック

プロセッサーの性能があがると、メモリーもたくさん搭載したくなるものです。

旧S11の最大8GBに対して、なんと新S11は最大16GBまで搭載可能!見た目はモバイルなんですけど、16GBも搭載できたら、外出先でもバリバリ作業が出来そうですね。

 

新S11は1TBのSSDが搭載可能

ベーススペックは、どちらもSATA接続SSD。新S11が面白いのはカスタマイズすれば「第3世代ハイスピードプロ SSD」が搭載できるところ。しかも 1TBという超大容量のも加わりました!

カスタマイズすれば、当然価格はグーンとあがりますがこれだけ大容量になると魅力もアップしますね。

なおグラフにするとこんな感じになっています。第二世代と第三世代、比べてみると結構” 差”があるんですよね。いま、VAIO S11を検討している人は、ぜひ第三世代SSDを検討してください。

たくさんファイルを管理したいって方にとっては、これは頼りになること間違いなしですよ!

 

USB Type-Cが消えた・・・

接続端子比較では、旧S11のウリの一つであった「USB Type-C」が消えてしまいました。たしかに時代の先取り感もあって、機器により使える使えない、なんてこともありましたが・・・ちょっと残念。

その代わり新S11には、よくぞこの薄いパソコンに、これだけの端子を配置したものだ。と、唸ってしまうほど。これ実は13型のS13と全く同じ内容です。これってスゴすぎですよね!?

 

バッテリー持続時間は、実際にはそれほど変わらず?

バッテリーの持続時間はカタログ値の半分で。と、いうのが自分の理論。そう考えたら、新旧であまり差がないような感じです。ただ、本体の軽さが、旧S11と比較したとき、新S11は80gほど軽いわけで、そう考えたら、持続時間のより長い、新S11はスゴい!!って考えもできるのではないでしょうか?

 

確実に進化!LTE

数値はあくまでも理論値でしかないのですが、新S11はキャリア・アグリケーションエリアなら下り最大450Mbpsを実現するのだとか。これは速いですねぇ。仕事がどんどん捗りそうですし、ネット動画なんかもサクサク見れそうです。

個人的には、これら通信系の進化が、久々にモデルチェンジしたS11の進化を最も感じられるところだったりします。

 

2ボタンで確実操作 タッチパッドにも変化!

ある時期を境に、VAIOのタッチパッドは2ボタンからボタンなしに変わりましたが、最近はその機能が帰ってきつつあります。やっぱり確実に操作できるのは2ボタンだった。と、言うことなのでしょう。

実際に使ってみると、うん使いやすい!と妙に納得してしまいました。


そのほかにも、新S11は、指紋認証機能が選択搭載できたり、盗難防止のセキュリティーロックが用意されたことも、大きな変更点。カラバリも4色あって、ブラウンカラーも素敵です。

こんな感じで、いろいろ変更点を紹介させていただきましたが、S11は長い期間モデルチェンジを行わずに来たパソコンですので、たくさんの変更点に進化点がありました。

それと案外、ハイスペックにカスタマイズしても、VAIOブランドと考えると、それほど高価でもなくお求めやすい印象。今回の記事が参考になれば幸いです。

VAIO社製 ノートパソコン VAIO S11

デザイン一新!コンパクトながらも何でもアリを実現したモバイルノート。

ソニーストア価格:104,800円+税~

 2017/09/21 現在の価格

商品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

新VAIOも徹底レビュー

当店のホームページにて、2017年9月21日に発表されたVAIO Sシーズを徹底レビュー!

今回紹介した「VAIO S11」のレビューも掲載しましたよ!ぜひ参考になさってください。

VAIO S11 レビュー

「VAIO S11」は11.6型フルHDディスプレイ搭載したノートパソコン。VAIO社のパソコンらしくスタイリッシュな外観に、快適に使える性能をコンパクトな本体に詰め込みました。

 

 

店員shigeのつぶやき日記

ソニーショップさとうち、スタッフ「shige」のブログもよろしくお願いします。

スタッフ「shige」のブログ 『shigeのつぶやき日記』

基本ソニーの情報をお届け。ときどき趣味も発信中。

 

bloglogo_201407.jpg

 


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 9

コメント 0