So-net無料ブログ作成

世界初!左右独立でノイキャンと防滴性能を両立「WF-SP700N(ソニー)」を発表! [ヘッドホン・イヤホン]

2018年4月10日の本日、ソニーは左右独立型として世界初となるノイズキャンセリングと防滴性能(IPX4)を両立した、スポーツ向けのワイヤレスステレオヘッドセット「WF-SP700N」を発表しました。

また同時に「WF-SP600N」「WF-SP500」2機種のワイヤレスヘッドホンも発表。用途に合わせた3機種が発売されることになりました。

それでは各モデルの特長について紹介していきましょう。

 

左右独立型、ノイズキャンセリングと防滴性能搭載「WF-SP700N」

「WF-SP700N」は完全ケーブルレスの左右独立型。そして、左右独立型として世界で初めてノイズキャンセリングと防滴性能(IPX4)を両立したワイヤレスステレオヘッドセット。

より耳のくぼみに合う形状に改善したアークサポーターと、重心の位置を工夫し設計され、激しく動いても外れにくい装着性を実現。ノイズキャンセリングのほか、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードにも対応。静寂から周囲の状況を把握しながら音楽を楽しみたい場合など、状況に合わせたリスニングスタイルを選べます。

WF-SP700N

ノイズからもケーブルからも解き放たれ、重低音サウンドに浸る。雨や汗にも強いアクティブノイキャンワイヤレス

ソニーストア価格: 22,880 円+税

 2018/04/10 現在の価格

発売日は2018年4月28日となっています。

 

ノイズキャンセリングと防滴性能搭載したビハインドネックスタイル 「WF-SP600N」

「WF-SP600N」は、『WF-SP700N』と同様、デジタルノイズキャンセリング、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードを搭載し、防滴にも対応したビハインドネックスタイルのワイヤレスステレオヘッドセット。

より耳のくぼみに合う形状に改善したアークサポーターと、重心の位置を工夫した設計は、運動中も快適な高い装着性も実現。普段使いからできるデザインも特長です。

専用アプリ「Sony | Headphones Connect」に対応し、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードの切り替えやイコライザーの調整、「クイックサウンドセッティング機能」が使用できます。

最大約6時間の音楽再生ができ、スマートフォンのボイスアシスタントの呼び出しのほか、圧倒的重低音を再現するEXTRA BASSサウンドにも対応しています。

WI-SP600N

ノイズからもケーブルからも解き放たれ、重低音サウンドに浸る。雨や汗にも強いアクティブノイキャンワイヤレス

ソニーストア価格: 18,880 円+税

 2018/04/10 現在の価格

こちらも発売日は2018年4月28日となっています。

 

防滴性能搭載、開放型ビハインドネックスタイル「WF-SP500」

「WF-SP500」は、防滴性能を搭載したビハインドネックスタイルのワイヤレスステレオヘッドセット。

耳の穴を完全にはふさがない開放型で周囲の音が聞き取りやすく、BGM感覚で音楽を楽しるからトレーニングしたりする際に便利。耳に合わせた形状と、滑りにくい突起状のイヤーチップを採用で高い装着性を実現しました。

最大約8時間の音楽再生ができ、スマートフォンのボイスアシスタントの呼び出しも可能です。

WI-SP500

周囲の環境音も聞きやすいインイヤー型(開放型)

ソニーストア価格: 8,880 円+税

 2018/04/10 現在の価格

「WF-SP500」も発売日は2018年4月28日となっています。


以上、2018年4月10日の本日発表されたワイヤレスヘッドホン3機種についてのご案内でした。

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

 

店員shigeのつぶやき日記

ソニーショップさとうち、スタッフ「shige」のブログもよろしくお願いします。

スタッフ「shige」のブログ 『shigeのつぶやき日記』

基本ソニーの情報をお届け。ときどき趣味も発信中。

 

bloglogo_201407.jpg

 


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 0