So-net無料ブログ作成
検索選択
αで撮る 鉄道写真 ブログトップ
前の10件 | -

α7RIIで鉄道写真 桜+鉄道写真の新規開拓・・・失敗 [αで撮る 鉄道写真]

前日の撮影会の成功でテンションが高かった私。

今年の桜と鉄道撮影は、まだ行ったことのない場所に行ってみてチャレンジしてみよう!と、「行ってみたら、なんとかなるだろう作戦」を敢行するも、結果・・・良い撮影地には巡り合うことが出来ませんでした。

車を流しながら「ココ!良い場所では?」と、思ったところでカメラを構えても、構図のバランスが良くなかったり、イメージにそぐわないものが、どうやっても処理できなかったり、光線が悪かったりなど、なかなか難しい。

今回の「行ってみたら、なんとかなるだろう作戦」は失敗に終わりました(><)

そんな中から今回の写真は選んだものだから、本当にたいしたことないのですが・・・

やっぱりタラコちゃん(気動車)は良いですねぇ。(そこか?!)

2017. 4. 9 JR西日本 播但線 長谷~寺前

撮影機材 α7RII + FE 70-200mm F2.8 GM OSS

 

続きを読む


α7R II で鉄道写真 世界遺産 姫路城 と 「500 TYPE EVA」を定番撮影地にて・・・ [αで撮る 鉄道写真]

残り1回となった2016夏の青春18きっぷの消化旅に、姫路にある「手柄山遊園」へ行ってきました。

目的は500系新幹線をフルラッピングした、エヴァンゲリオン新幹線こと「500 TYPE EVA」と、世界遺産・姫路城を一緒に写すため。そして手柄山駅と姫路駅を結んでいた姫路モノレール(1979年廃線)の跡地を巡るためです。

姫路モノレールの跡地めぐりは、また後日として、今日は「500 TYPE EVA」+姫路城から。

この日は台風の影響もあってか、晴れたり曇ったりのマンダーラ天気。その上、この季節ならではのガスがかかっており、望遠レンズで俯瞰撮影するには、すごく不向きなコンデイション。

晴れた!そのままで!あぁ、、また曇ったよぉ・・・

など、一喜一憂するなかを「500 TYPE EVA」は定刻どおり姿を見せてくれました。

正直、納得の行くカットではなかったのですが、RAW現像でなんとか見れる仕上がりに・・・今度は空気の乾いた真冬で、運良く晴れた日に休みが上手く重なったら、再度チャレンジしてみたいと思いました。

それにしても、姫路城は本当に美しいなぁ。

別名を「白鷺城」というだけあって、白く輝くその様は、遠くから眺めていても圧倒的な存在感を感じます。

ちなみに手柄山の東側には白鷺がいっぱい生息しています。

何やらいっせいに鳴いている時は、ちょっと怖いものがありました^^;

2016.9.3 山陽新幹線 相生~姫路 

α7R II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS 「SEL70300G」 RAW現像あり

 

続きを読む


α7R IIで鉄道写真 山間部を走る「サロンカーなにわ・宝塚・城崎 電化30周年記念号」 [αで撮る 鉄道写真]

7月18日、祝日の月曜日。ジョイフルトレインの元祖とも言える「サロンカーなにわ」を使用した、宝塚~城崎電化30周年記念のツアー列車を、いつもお世話になっている方と一緒に撮影してきました。

先頭の機関車にはヘッドマークが特別にあしらわれているだけあって、沿線はどこもカメラマンがいっぱい。後で調べたところ、ひな壇が出来た場所が何箇所もあったようで、沿線はとても盛り上がった様子です。

そんな状況の中、今回のヘッドーマークに興味がなかった私は、「のどかな山間を走る客車列車って感じで写そう!」とイメージ。天候が良かったら順行になる、以前から目星をつけていたところで撮影をすることにしました。

結果的に、誰1人この場所には来ることなく撮影終了。

イメージどおりにも写せ、満足度も非常に高いものとなりましたよ。

実は通過30分くらい前から、この構図で撮影準備を始めたのですが、この日は晴れたり曇ったりのいわゆる「マンダーラ」状態。通過時間に曇らないか、超ドキドキものでした。

雲が抜け晴れるたびに「いま来て!」「ねぇ!いま来てよ~」って、お願いする始末。でも、その気持ちが通じたのか、丁度雲が切れたタイミングで、ディーゼル機関車の音が聴こえた時は、嬉しかったなぁ。

シャッター押す前に、思わずガッツポーズって。。。

まだまだ私、「鉄運」持っているみたいです(^_^;

2016.7.18 JR西日本 福知山線 

α7R II + FE 70-200mm F4 G OSS 「SEL70200G」 クリエイティブスタイル:風景

大きなサイズでご覧になりたい方はこちら(α Cafe Web

 

続きを読む


α6300で鉄道写真 続・『飛び道具』で写す 超望遠・500系新幹線 [αで撮る 鉄道写真]

少し前のブログエントリーで、αの飛び道具とも言える「超解像ズーム」を使った、500系新幹線の写真を紹介させていただきましたが、今回はその第二弾。

カメラにはα6300(APS-C機)、レンズにはFE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS を組み合わせてαの機能、超解像ズームを使用。超望遠らしい圧縮効果で大迫力、かつクールに写してみました!

300mm X APS-C1.5倍 X 2.0倍(超解像ズーム) = 900mm。

これら組み合わせることによって生まれる焦点距離はなんと最大900mm!しかも、レンズ開放F値のままで撮影できるので「キューゴロー」として使えちゃうんですよね!

もちろん超解像ズームはAF方式が固定される。1.6倍以上は画質劣化が少々(それでもテレコン使用よりキレイと思う)。RAW記録出来ない一発撮りなど・・・使いづらいところもあるけれど、このように被写体次第では本当に使えます。

最近はこの超解像ズームを使っての撮影、マイブームだったりします。

そして、またまた言っちゃいますが、やっぱり500系はカッコイイ!

もともと未来的なデザインがホワイトバランスをいじってブルーにしたら、さらに未来的になりました。乗ったらどっかの惑星にでも行けそうな、そんな気分になりました。

 

※ もっと大きなサイズで見て頂けるなら こちら(α Cafe)

α6300 + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS 新幹線・新大阪駅 ホワイトバランス:電球 -1.0EV

 

続きを読む


α7R II で鉄道写真 梅雨の晴れ間の赤い列車。 [αで撮る 鉄道写真]

昨日、名古屋で壁掛けテレビ設置の研修を受けてきました。

そんな日は、例によって予定より随分早く自宅を出発。739発「500系こだま」を新大阪駅で見送ると、東京行のこだまに飛び乗り米原駅ホームにて新幹線の撮影を開始!ただ、写しても絵的に面白くなく、どうも気持ちが・・・

そこで、ここからでも研修時間に間に合い、かつ良い写真が写せそうな場所を検索することに。

すると・・・あった!行ったことないけど、良さ気なところが、ありましたよ!!

名古屋駅から名鉄に乗ることおおよそ45分、広見線・善師野駅に到着!

駅から歩いてすぐのところでパチリ!しかも、この時だけ奇跡的に青空が出てくれました~!

ちなみに、この場所で撮影は「この1カットだけ」。実は、この次の列車も写そうものなら、研修開始時間に間に合わないんですよね・・・まさに、トンボ返りな撮影となりました。

ただ、それでも、初夏を感じられる青空と、名鉄らしい赤い車両のコントラストは、とっても満足のいく内容となりました。最初は、本当に行っても良いの写せるかなぁ。と、心配してましたが、行ってみて本当に良かったです。

※ もっと大きなサイズでみるなら こちら(α Cafe)

 

2016.6.14 名古屋鉄道 広見線 西可児 ~ 善師野

α7R II + Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS クリエイティブスタイル:風景

 

続きを読む


α7R IIで鉄道写真 『飛び道具』で写す 超望遠・500系新幹線 [αで撮る 鉄道写真]

昨日から今日までの2日、研修で東京に行ってた私。

東京行きの「のぞみ」に乗車する前に、博多行き「こだま」の500系新幹線をパチリ!

実はこの写真、αに搭載された「飛び道具」とも言える機能を使用して撮影しています。

まずは望遠ズームレンズSEL70300Gの望遠端、300mm側にして、APSモードにセット。そして超解像ズームというソニーならではのデジタルズームを1.6倍使用して写しています。

結構な迫力でしょ!

300mm X 1.5倍 X1.6倍 = 720mm。

なんとこれらの機能の組み合わせによって300mが720mmにもなるんですよね!

SEL70300Gのテレ端の開放F値が5.6なので「ナニゴロー」とでも言いましょうか?!新大阪駅のこのホーム、京都寄りがカーブとなっているので、これくらいの焦点距離にすると柵の内側からでも直線的に撮影可能なのです。

超解像ズームって機能制限もあったりで「使えんの?」って、思われている方も結構多いかと思いますが、最大倍率の2.0倍近くでは画質劣化が見られますが、1.6倍くらいなら、それほど悪くありません。(個人差あり)

このように飛び道具的に使える武器として、「一度は使っていただきたい。」そう思いました。

それにしても500系は、やっぱりかっこいい!!

※ もっと大きなサイズでみるなら こちら(α Cafe)

α7R II +SEL70300G 新幹線・新大阪駅 クリエイティブスタイル:モノクロ(コントラスト+1)

 

続きを読む


αで撮る鉄道写真 ラストランへ、阪堺電車「住吉公園」行き 撮影記 [αで撮る 鉄道写真]

ついに今月末で廃止となってしまう、阪堺電車・上町線の住吉-住吉公園区間。

その思い出として、廃駅となってしまう「住吉公園」行きの標識を掲げる列車撮影に行ってきました。

地下鉄谷町線で阿倍野駅まで行き、地下から上がってすぐの場所でカメラを構えることにしました。

撮影に行った日は1月24日の日曜日。西日本を中心とした日本列島が大寒波に見舞われた日。その影響からか、吹き抜ける風がメチャクチャ冷たい・・・レンズフードに風が入り煽られるし、涙はちょちょ切れます。

そんな状況の中、「住吉公園」行きの初発列車がやってきました!わーい、レトロな車両!

赤い車体が眠たい街に映え、”車かぶり”もなし!思い描いた構図でガッツポーズ♪

この列車を含めた今日は4本。この「住吉公園」行きは撮影することができます。さっそく後続の列車にのって、次の撮影地へと向かいました。

 

続きを読む


DSC-RX1で写す 鉄道写真 「変わりゆく 阿倍野界隈 と 年の差85」 [αで撮る 鉄道写真]

お正月休みのまっただ中の1月2日。大阪市内をぶらりと散歩していました。

天満橋から歩き始めて地下鉄乗って、バーゲン求めて着いた先は阿倍野界隈。

阪堺電車を見ることが出来る歩道から、偶然にも1928年(昭和3年)生まれの日本最古の定期運用車両「モ161形電車」と、2013年生まれの阪堺電車の最新車両「阪堺トラム」を一緒に写すことが出来ました!

この2つの車両。年の差なんと「85」!

人間で例えると・・・とにかくスゴイ年の差です!

そうそう、美しい情景を写すだけが写真の魅力ではありません。特に美しくはないけれど、このように変わりゆく情景と列車や車、そして人々。いまあるものをこのように記録出来るのも写真の大きな魅力です。

いつもこんなにタイミングよく良く写せるわけではないけれど、カメラを携帯していて良かったなぁ。と、思える瞬間でもありました。

数年後、ここで写した景色はどのように変わっているのか?

出来たらその時も、日本最古の車両には現役で走っていて欲しいなぁ。と思いました。

 

カメラ DSC-RX1 2016.1.2 阿倍野にて

 

続きを読む


”Merry Christmas!” スヌーピーサンタ と 103系 [αで撮る 鉄道写真]

平日は出来る限りずっと書いてきた、ソニーなブログも今日ばかりは、ちょっとお休みモード。

そう!今日はクリスマス・イブ!

「わぁ、103系だねぇ~」。

スヌーピーサンタさんは、多分言ってないと思いますが、こんな日は早めにお家にかえってホッコリしたいかも。

それでは、よいクリスマスを!

 

α77 II + SAL70400G2 2015.12.6 天王寺駅にて

 

続きを読む


α7R II 片手に「2015 JR吹田総合車両所一般公開」に行ってきました! [αで撮る 鉄道写真]

毎度おなじみ”鮮度落ち”のお話です(汗)。

先々週の土曜日、α7R IIにAマウントのSAL2470Zを装着し「2015 JR吹田総合車両所一般公開」に行ってきました。

JR吹田総合車両所一般公開は、毎年のように開催されているJR西日本お馴染みのイベントなのですが、私自身はタイミングがなかなか合わず初めての参加。

2週間前に参加した京阪電車のイベント「ファミリーレールフェスタ」同様、鉄分をガッツリ補給してきましたよ。

 

続きを読む


前の10件 | - αで撮る 鉄道写真 ブログトップ