So-net無料ブログ作成
その他ソニー製品 ブログトップ
前の10件 | -

サウンドバーのフラッグシップ「HT-ST5000」発表!映画に音楽にプレミアムサウンドを! [その他ソニー製品]

2017年10月10日の本日、ソニーよりサウンドバータイプのフラッグシップモデル「HT-ST5000」が発表されました。

この商品、実は今年1月にラスベガスで行われた「CES2017」で紹介されており、いつ商品化されるのか?と、気を揉んでおりましたが、ここに来てようやく発表!「HT-ST5000」、ついにデビューです!!

それではカンタンに紹介していきましょう。

 

続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

遠隔操作が出来る!小さなソニーのICレコーダー「ICD-TX800」発表! [その他ソニー製品]

2017年9月12日の本日、付属リモコンもしくはスマートフォンで「遠隔操作」が出来る、とっても小さなICレコーダー「ICD-TX800」が発表されました!

講義、議事録、大事な相談話など、セパレートタイプならでのシチュエーションに合わせた録音ができ、これはなかなか魅力的。遠隔操作することにより、録音の際のドタバタもなくなります。

大切な会話内容などをスマートに残したい方にもオススメです。

 

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

昔ながらのデザインで扱いやすい ソニーのラジオ「ICF-506」発表 [その他ソニー製品]

大型つまみと大音量スピーカーを採用した昔ながらなデザイン、カンタン操作が魅力のポータブルラジオ「ICF-506」が2017年7月19日、ソニーより発表されました。

単3電池3本と家庭用電源から使用になれる2電源方式のラジオは、誰にでも扱いやすい仕様となっていました。それではカンタンに説明していきましょう。

 

続きを読む


Type-CとType-A どちらでも使える ソニーUSBメモリー CA1シリーズレビュー [その他ソニー製品]

メタルボディでコンパクト。USB Type-C とType-A どちらの機器にも使えるソニーのUSBメモリー「ポケットビット USM-CA1シリーズ」を、本日は紹介したいと思います。

最近はスマートフォンやPCなどで確実に増えてきている USB Type-C。

しかし、まだまだ一般的にはType-A 搭載機器がほとんどで、Type-C機器、特にスマホとデータをやりとりしようと思ったらUSBケーブルでつないだりと、ちょっと面倒なこともあるのではないでしょうか?

今回紹介する「ポケットビット USM-CA1シリーズ」は、USB Type-C とType-A、どちらの機器にも使えるデュアル接続対応USBメモリー。これがあればPCとスマホのデータのやり取り、すごく楽になりますよ。

 

続きを読む


軽快な着け心地で女性向き ハイブリッドスマートウォッチ「スリーハンズスクエア」を発表 [その他ソニー製品]

2017年6月21日の本日、ソニーは腕時計のバンド部分にスマートウォッチの機能を内蔵した、ハイブリッドスマートウォッチの女性向きモデルとして、「wena wrist Three Hands Square(ウェナリスト スリーハンズスクエア)」を発表しました。

ヘッド部側面の曲線をステンレスバンド部と滑らかにつなぐことで、腕の細い方にもフィットするデザイン。また、従来モデルより大幅な小型・軽量化を実現。軽快な着け心地になっているようです。

また、文字板にスワロフスキー・クリスタルをあしらった「wena wrist Three Hands Square -Crystal Edition-(クリスタルエディション)」の発売も決定。今回発売する4モデル全てにおいて、ヘッド部単品での販売も行います。

 

続きを読む


まだまだ需要あり!ソニー CDラジカセ『CFD-S401』発表! [その他ソニー製品]

まだまだ需要があることを再認識するそんな商品がソニーより発表されました!

バックライト付き大型液晶ディスプレイ搭載と日本語操作ボタンでカンタンで扱いやすい。コンパクトなCDラジカセ『CFD-S401』が2017年5月16日の本日発表されました!

このラジカセ、なんとカラバリ3色展開!定番のブラックから、ホワイトにベージュとが用意され、ラジオ番組のタイマー予約録音機能も搭載するなど、ソニーの本気を感じとれるものとなっています。

 

続きを読む


「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応 7.1chアンプ『STR-DN1080』発表! [その他ソニー製品]

「Dolby Atmos」や「DTS:X」など、最新のサラウンドフォーマットに対応した、ソニー 7.1ch マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1080』が2017年5月9日の本日発表されました。

ソニー独自の自動音場補正機能「D.C.A.C.(デジタル・シネマ・オート・キャリブレーション)EX」を搭載した『STR-DN1080』は、お手軽価格ながらも本格的で理想的なサラウンド環境を実現してくれる7.1ch マルチチャンネルインテグレートアンプ。

最新4Kコンテンツのパススルーに対応し、HDCP 2.2など豊富な入出力を持ったHDMI端子を搭載し、HDMI入力映像を4K信号にアップスケールしてHDMI出力できる「4Kアップスケール」機能も採用しました。

またHDMI入力は高音質性能を高めた入力「for AUDIO」を2系統備え、高品位な4KコンテンツやスーパーオーディオCDの高音質ソースをクオリティーの高い状態で再生でき、最大 DSD5.6MHzのハイレゾマルチチャンネル音源にも対応しているので、シアターのみならず、ハイレゾ音源を楽しむアンプとしても注目したいところです。

その他、ネットワークや、USB接続によるUSBメモリー、ウォークマン(R)のダイレクト再生も可能。映像から音楽と様々な機器ともつながります。

そんな『STR-DN1080』の発売日は2017年6月17日頃の発売予定(ソニーストア調べ)。ソニーの直販サイト・ソニーストアではすでに先行予約販売を開始しています。

商品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

続きを読む


スクリーンにタッチ!新時代のプロジェクター「Xperia Touch G1109」発表!! [その他ソニー製品]

2017年4月20日の本日、壁やテーブルに投写したスクリーンに触れて直感的に操作できる「Xperia Touch (エクスペリア タッチ)G1109」の発売を発表しました。

「Xperia Touch (エクスペリア タッチ)G1109」は、ポータブルプロジェクター機能の他に、GooglePlayからダウンロードしたアプリを投写した画面にタッチして遊ぶなんてことができる「新時代」のプロジェクター。

幅約6.9センチのコンパクトサイズの本体にバッテリー内蔵。好きな場所で使えます。

 

続きを読む


「Fate/EXTELLA」とウォークマン&ヘッドホンがコラボ!メール登録を受付開始! [その他ソニー製品]

「Fate/EXTELLA」とウォークマン&ヘッドホンのコラボレーションモデルがソニーストア限定で発売!予約の開始はまだ先で、現在はメール登録を受け付けしている段階です。

上の画像のとおり商品は明らかになっていませんが、シルエットから察するにウォークマンは「A30シリーズ」、ヘッドホンはMDR-100Aと予想。興味のある方はいち早く情報が届くメール登録をおすすめします。

詳しくはリンクでチェックしてみてくださいね!

 

続きを読む


プレミアムホームシアター構築に「ES プレミアム・エディション」センター,ウーファー発表 [その他ソニー製品]

プレミアムホームシアター構築に「ES プレミアム・エディション」センター,ウーファー発表

2016年9月15日の本日、美しいピアノ塗装を採用したソニーのスピーカーシステム「ES プレミアム・エディション」に、センタースピーカー「SS-NA8ESpe」と、サブウーファー「SA-NA9ESpe」が加わりました。

すでに発売中の3ウェイ・スピーカーシステム「SS-NA2ESpe」や2ウェイ・スピーカーシステム「SS-NA5ESpe」と合わせることにより、プレミアム感溢れるハイクオリティーなマルチチャンネル環境が構築できます。

 

続きを読む


前の10件 | - その他ソニー製品 ブログトップ