So-net無料ブログ作成

ソニー 電子書籍リーダー 「Reader」 2モデル発表! [電子書籍リーダー(Reader)]

ソニーから電子書籍リーダー「Reader」が発表されました!

ソニー 電子書籍リーダー 「Reader」発表!  
ソニー 『Reader』 PRS-350,PRS-650 2010年12月10日発売!詳細はこちら! 

世間で注目を集めているソニーの「電子書籍リーダー」がついに発売! 
注目の筐体は「マルチメディア機」ではなく「読書専用機」として発売することになりました。

気になる中身の「書籍」は、ソニーストア内にある『Readerストア』で販売。

発売日と同時に『Readerストア』がオープン。タイトルを充実させ 文芸書、ビジネス書、エッセイなど多様なジャンルを取り扱い、オープン当初から20,000タイトルを用意しているとのこと。 今後は、コミック・新聞・雑誌なども順次取り扱いを拡大する予定らしいです。

それでは、もう少し詳しく見てきましょう。


ソニー 電子書籍リーダー 「Reader」 とは?!


電子書籍リーダーを一言で説明させて頂くと・・・



「薄っぺらい機械に1,000冊以上もの本を収録出来て、いつでもどこで読める。」

本好きの人なら「夢」のような機械。
それが『Reader』なのです。

実は電子書籍リーダーは以前から出ていたのですが・・・いわゆる「ソフト=本」が当時は充実していなく、悪い言い方になってしまうかも知れませんが「失敗」に終わっていました。

しかし、今回は「Readerストア」でタイトルを充実させてからの発表、そして発売です。 なので実質、再出発と、言ってもいいかも知れませんね。

さて、『Reader』を実際に使う流れをザックリ書いてみました。

1・ソニー『Reader』(リーダー本体を購入)する。
2・「Readerストア」で本を購入する。
3・パソコンと『Reader』とUSBケーブルで接続し転送する。
4・『Reader』で読む。

先ほど情報を仕入れたばかりで、こんな感じでしか書けないのですが一連の流れは多分こう。

『Reader』にはあらかじめ書籍が何冊かインストールされているのですが、それ以外で楽しもうと思ったら、インターネットに接続できるパソコンが必要になる。と、言うわけです。


ソニー 電子書籍リーダー 「Reader」2モデル発表!


気になる、ソニー電子書籍リーダー『Reader』のラインナップはご覧の2モデル。

【ソニー 電子書籍リーダー 『Reader』 ポケットエディション】 
  
ポケットエディション【Pocket Edition】 PRS-350 
 画面サイズ:5型
 大きさ:104mm(幅)×145mm(高さ)×8.5mm(厚み・奥行) 
 重さ:約155g
 本体内メモリー:2GB(ユーザー領域含)
 カラバリ:シルバー・ブルー・ピンク 
 ソニーストア販売価格 : 19,800円 ※価格は2010年11月25日現在です。 
ポケットエディションの販売・製品情報等の確認はこちら! 


【ソニー 電子書籍リーダー 『Reader』 タッチエディション】 
  
タッチエディション【Touch Edition】 PRS-650 
 画面サイズ 6型
 大きさ 119mm(幅)×168mm(高さ)×9.6mm(厚み・奥行) 
 重さ 約215g
 本体メモリー:2GB(ユーザー領域含)
 カラバリ:ブラック・レッド・シルバー
 メモリーカードPROデュオ/SDメモリーカード スロット
 ソニーストア販売価格 : 24,800円 ※価格は2010年11月25日現在です。
タッチエディションの販売・製品情報等の確認はこちら! 

画面の大きさが5型と6型の2ラインアップの展開。 

次はハード的なことを書きたいと思うのですが、両モデルとも画面には電子ペーパー方式(E-INK)を採用しました。 とは、言っても「電子ペーパー方式」ってなんぞ?って方もおられると思いますので、解説をします。

【電子ペーパーとは・・・】
 モノクロのディスプレイ。モノクロ表現に優れ文字が読みやすい。
 バックライト持たない。目が疲れないので長時間読み続けられる。
 ナノレベルのモノクロ微粒子で文字表現するのでとても鮮明。

え~いまどき、モノクロなの!?って、驚く方もおられるのではないでしょうか?!
そう!いまどき モノクロなのです!!

電子ペーパー方式は、液晶のようにカラー表示及びバックライト方式ではないものの「目が疲れにくい・文字がハッキリ・バッテリー長持ち」が特長です。

実は、今年の9月に行われたディーラーコンベンションで海外仕様を実際に見たことがあるのですが、印刷された紙のような質感。まるで本物の紙の本を読んでいるかのようでした。

008.jpg

この紙のような質感・・・液晶だったら絶対ムリ。一目見ただけですぐにわかる、目にやさしい感じ。液晶のギラギラ感もまったくありませんでした。 

そして、バックライトを必要としないから”薄く”なり、バッテリーの容量もそれほど必要としないから”軽く”なると言った良いこともあるようで、本体が軽く薄いのも特長です。

仕様を見たら、ポケットエディションなら約155gとのことなので、私の持っている文庫本の重さを計ってみると170g、そう文庫本より軽くて小さいんですよね。 この中に1,400冊もの本をストックできると聞きますから、これはまさに「ポケットに入る本棚」ですね!

007.jpg

先に書きましたが、マルチメディア機ではなく読書専用機。 
ここまで割り切った仕様なのも、ある意味ソニーらしい感じ?なのではないでしょうか?!

最後に、気になる発売日は2010年12月10日。 ソニーの直販サイト・ソニーストアでは、いち早く販売情報を伝えられるよう、メール登録の受付を開始しています。


ソニーストアではメール登録の受付を開始!


ソニーストアではメール登録の受付を開始しています!!

ポケットエディション【Pocket Edition】 PRS-350
ポケットエディションのメール登録はこちら  
ポケットエディションのメール登録はこちら!


タッチエディション【Touch Edition】 PRS-650 
タッチエディションのメール登録はこちら  
タッチエディションのメール登録はこちら! 

発売日は12月10日!
いち早く手に入れたいなら、ぜひ登録をお願いします!!


ソニーストア購入特典のご案内


おなじみの吉田カバン”POTER”より『Reader』専用カバーを発売!

吉田カバン”POTER”より『Reader』専用カバー発売! 
ソニーストア限定!”POTER”オリジナルカバーの詳細はこちら!

ストア限定の特典です!こちらもメール登録受付中です!!

『Reader』モニタープレゼント開始!


各5台計10台プレゼント企画!!

『Reader』モニタープレゼント開始! 
ソニーストア・プレゼンツ 各5台計10台プレゼントの応募はこちら!!
・期間2010年11月25日(木)15時~2010年11月30日(火)13時まで

購入を迷われている方、応募されてみてはいかがでしょうか?!


大事な”オトク”なお知らせ!


この製品は、「My Sony Club」の「購入宣言キャンペーン」の対象となります。

このキャンペーンは、発売日前日までに対象製品の購入を宣言をして頂き、発売日から4週間以内に製品の購入と製品登録をおこなって頂いた方に、通常の製品登録特典であるソニーポイント500ポイントに加え、さらにソニーポイント1,000ポイントが付与されるキャンペーンです。

予約販売とは異なり、購入のお約束を頂くものではありません。キャンペーンに関する詳しい内容は関連リンクをご覧下さい。

My Sony Club「購入宣言キャンペーンについて」 



blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件




3684549.gif
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0