So-net無料ブログ作成

Xperia Z2 Tablet 液晶保護フィルム「ET974」を貼ってみました! [Xperia Tabet]

Xperia Z2 Tablet の液晶ディスプレイを保護するフィルムを貼ってみました!

今回貼り付けたのは、ソニーからメーカー純正品として発売されている液晶保護フィルム「ラージスクリーンプロテクター・ET974」。それではレビューをお届けしていきましょう。

 

Xperia Z2 Tablet 液晶保護フィルム貼ってみました!

パッケージを開封し、まずは中に入っているものを見ていきましょう。

パッケージの中には液晶保護フィルム本体と、クリーニングクロス、フィルム貼付補助カードなるものが用意されていました。また、同封されてあった取り扱い説明書もよ~く読んで、手順の把握が出来れば、貼付けの準備を開始。

まずは、保護シートとXperia Z2 Tabletの本体を仮合せして、貼付け後のイメージをチェック。

これがかなり重要で、ときにこの保護シートのように「超ピッタリタイプ」なら事前確認をする・しないでは、仕上がり具合に大きな差が生まれます。また、カメラ用の穴あき部分で上下の確認もしておきましょう。

貼付け後イメージが完成したら、まずは付属クロスで指紋などの汚れをフキフキします。

そして、細かなホコリをペッタンペッタンしながら取り除き、これで準備は整いました。

ちなみに、ホコリをペッタンの時に使ったのは「Xperia Z2 Tablet本体に貼り付けてある保護フィルム」。

セロファンテープとかをつかって、ホコリ取りをすることも多いと思うのですが、品質・ブランドによっては、ノリが付いてしまって逆効果な時もあり。

液晶保護フィルムを貼り付ける前に、捨ててしまったのなら仕方がありませんが、お持ちの方は「本体に貼り付けてあった保護フィルム」でペッタンはオススメですよ。

貼付けの仕方は個人差があると思いますが、私は写真のように縦方向に貼り付けて行く方が貼りやすいと思いました。上から下へ徐々に空気を押し出しながら。と、いう感じ。

超ピッタリタイプなだけに、少しのズレがシビアに影響。完全に貼り付けてしまう前に、何度か角度の修正を施して、ここは出来るだけ慎重に。

そんなこんなで、貼付けは無事に完了しました。

結局、空気が入ってしまった時に使用するフィルム貼付補助カードは使わぬまま。最後に、フロント部分の保護フィルムを剥がせば、貼付け完了です!

超ピッタリ仕上げなので、角までピシっ!すごいイイ感じの仕上がり具合で、まるで貼り付けてないみたいです。

10インチタブレットの保護シートなだけ面積が多い分、貼付け作業はそれなりに難しい。しかし、貼付け後の満足度はかなり高いと思いました。

それでは、貼付け後のレビューです。

↑装着済み

↑非装着

Xperia Z2 Tablet の表面と同様、このフィルムは光沢タイプ。超ピッタリ仕様ということもあってか、ご覧のように装着・非装着を見比べてもほぼ違いはわかりません。

色味が若干違うのは、カメラを通して見てるからかも。人の目では、ほとんど気付かないレベルかも。

↑下が装着済み 上が非装着。

蛍光灯を無理矢理反射させると、気持ち分だけ装着している方が、反射を低減しているように思えました。

カメラの部分を確認すると、ようやくフィルムの装着・非装着がわかる程度。

保護フィルムは、本来本体のもつクオリティの高い画質が、殺されるのが嫌で貼り付けをしない。と、いう方もおられると思うのですが、この保護フィルムなら、そんな心配はほとんど要らないかも。

そういった意味でも、この「ラージスクリーンプロテクター・ET974」はよく出来ている保護フィルムだと思いました。

ちなみに、付属のクリーニングクロスですが、貼付け後もクリーニングクロスとして使えます。

貼付け後、不要と思って捨てちゃうには勿体ない。

メガネ拭きから、スマホ、カーナビ画面まで、小さいの結構使えそうですよ。


今回はXperia Z2 Tablet 液晶保護フィルム「ラージスクリーンプロテクター・ET974」を貼ってみましたというお話でした。

ラージスクリーンプロテクター ET974

アクティブな使用環境でもディスプレイを保護

ソニーストア価格:2,000円+税

送料無料・2014/06/26 現在の価格


製品の詳細につきましては、リンク先も参考になさってください。

 

Xperia Z2 Tablet (Wi-Fiモデル)レビュー

当店ではXperia Z2 Tablet のレビュー記事を公開しています。

Xperia Z2 Tablet (Wi-Fiモデル)レビュー

わずか約6.4mm、約426g。10インチ以上の液晶を保有するWi-Fiタブレット製品において「世界最薄・最軽量」というのは、ダテではありませんでした!


こちらの記事もあわせてご覧ください。

 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


3684549.gif

 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

トラックバック 0