So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

α7 III(ILCE-7M3) 先行予約販売を開始!ソニーストア 229,880円+税から [α7 III (ILCE-7M3)]

ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ α7 III(ILCE-7M3)、ソニーストアでの先行予約販売がつい先ほど、10時すぎより始まりました!!

昨日から開催されている「CP+2018」の中でも大きく注目を集めているカメラですので、初期ロットは争奪戦になりそうな予感。桜の季節に使いたいとかGWに使いたいとか・・・購入を検討されている方は急いだほうが良いかも?!

私は昨日、CP+でガッツリさわってきましたが感触は「かなり良かった」です。

また後ほどCP+2018レポートもお届けしますが、AFはズバズバ来るし、連写性能も必要十分。ほんとにこれベーシックかよ~?!と、唸ってしまいました!

α7 IIからの買い替え検討されている方は、今まで以上に写すことが凄く楽しくなるでしょうし、他社からの乗り換えなら、驚きだらけかも?!満足度が非常に高いそんなカメラだと思いました。

 

α7 III(ILCE-7M3)発表

 

2420万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー

α7 IIIは新開発の有効2420万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーと、新世代の画像処理エンジンBIONZXを搭載しました。新開発に新世代、ココロが踊るワードです。

これにより常用ISO感度最高51200 (静止画拡張時 ISO50-204800)の広い感度域に加え、α7 II比で最大1.5段分もの画質向上、約15ストップの広ダイナミックレンジを実現したのだとか。

さらに色再現性を高めたこともソニーは強調していて、今まで以上にひと肌や花など、自然な印象で描写してくれるようです。

 

「α9」同様 693点像面位相差AFセンサー搭載

α7 IIIはソニーミラーレス一眼カメラの中でもAF性能が特化した「α9」と同様の撮像エリア全体の93%をカバーする693点像面位相差AFセンサーを搭載しました。

フレーミングの自由度を高める広いAFエリア・・・なんとベーシックモデルでも手に入ります。

加えてコントラストAF枠が425点に多分割化され、AF速度、追随性能もα7 II比約2倍も向上、さらに瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」機能もさらに進化したのだとか。

動画でも紹介されていましたが、瞳AFはうつむき、振り返りの瞬間も、素早く瞳を捉えてくれます。

 

最高約10コマ/秒 AF/AE追随高速連写性能

連射性能もα7IIは大きく進化、なんと最高約10コマ/秒のAF/AE追随高速連写をほこります。最新のシャッターチャージユニットの採用と画像処理システムの進化により実現したのだとか。

バッファメモリーも大きくなって17秒間シャッターを押しっぱなしでも記録してくれる、最大177枚の連写持続性能。撮り逃しが許されないシーンでも安心して撮影に臨めますね。

さらに、無音・無振動のサイレント撮影時でもAF/AE追随最高約10コマ/秒の連写が可能と、これもまたスゴイことに。何度も書いてしまいますが、これでベーシックモデルですよ・・・ホント凄すぎです。

 

充実の動画性能

動画性能も大充実。4K動画記録はもちろん、インスタントHDRワークフローを実現するHLG(Hybrid Log-Gamma)へをはじめ、14ストップの広いダイナミックレンジを実現するS-Log3、最大5倍までのスローモーションと最大60倍までのクイックモーションにも対応しました。

表現の幅を広げる多彩な動画機能とカンタンに書いてしまいますが、一眼画質で動画撮りをされる方には、夢のあるスペックではないでしょうか?

 

Zバッテリー採用 操作性もアップ!

バッテリーは「α9」「α7RIII」同様のZバッテリーを採用。α7 II付属NP-FW50の約2.2倍の容量を持つ高容量バッテリーNP-FZ100が同梱され、長時間にわたる撮影をサポートしてくれます。

メモリーカードスロットも、リレー記録・同時記録が可能なデュアルスロット(スロット1のみUHS-II対応)を搭載。細かなところに目をやるとUSB-type C端子も用意されました。

チルト液晶ディスプレイにはタッチフォーカス機能に加え、ファインダーを覗きながらスムーズにフォーカス位置の移動を可能にするタッチパッド機能も搭載しました。

また「α9」「α7RIII」同様にマルチセレクターを採用するなど操作面においても扱いやすさがアップしました。

このようにザクッと書いただけでも、これで本当にベーシックモデル?!と、思ってしまうα7 III。またしても、ソニーは凄いカメラを発表してきましたね。もうミラーレスというジャンルでは圧倒的ではないでしょうか?

 

α7 III 作例・サンプル公開中!

ソニーの公式サイトでは作例・サンプルを公開しています。描写性能、気になる方は要チェックでお願いします。

α7 III 作例(撮影サンプル)はこちら|ソニー公式サイト(外部リンク)

 

発売は2018年3月23日 ボディのみ、レンズセットがラインアップ

α7 IIIは2ラインアップ販売。ボディのみとSEL2870というレンズがセットになったものが用意されました。市場販売予想価格は次のとおりです。

デジタル一眼カメラ α7 III ボディ

35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー搭載、最高約10コマ/秒高速連写(*)、高速・高精度なAFを実現した、フルサイズミラーレスベーシックモデル

ソニーストア価格:229,880 円+税

 2018/03/02 現在の価格

デジタル一眼カメラ α7 III ズームレンズキット

ILCE-7M3K(ズームレンズキット)同梱レンズ

ソニーストア価格:249,880 円+税

 2018/03/02 現在の価格

いづれも、発売日は2018年3月23日を予定しています。

 

ソニーストアなら月々6400円! 金利0%で残価設定クレジットを用意

ソニーの直販サイトソニーストアではα7 IIIに金利0%の残価設定クレジットを用意しました。残価設定クレジットならなんと月々6400円でα7 IIIが購入できます!!

こちらもご検討下ください。

・>ソニーストアの残価設定クレジット 対象機種一覧はこちら|ソニーストア(外部リンク)

 

初お披露目は3月1日からのCP+ もしくは3月2日より全国のソニーストア

気になるα7 III、予約をする前に実機に触れたいと言う方も多いことでしょう。

初のお披露目は、3月1日から横浜パシフィコで開催される、国内最大のカメラショーCP+2018で展示を開始するほか、3月2日からは全国に5店舗ある、ソニーのショールーム、ソニーストアで展示を開始。

過去最大のブースにて出展 CP+2018|ソニー公式サイト(外部リンク)

おそらく長蛇の列になると思われますが、興味のある方は、訪れてみてはいかがでしょうか?

 

ソニーのカメラ「αシリーズ」を徹底レビュー!

ソニーのカメラ「αシリーズ」のレビューを当店のホームページで公開中です!

カメラ・レンズ・アクセサリーを掲載。興味のある方は覗いてみて下さい!

デジタル一眼カメラ α(アルファ)レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなども紹介しています!

 

 

店員shigeのつぶやき日記

ソニーショップさとうち、スタッフ「shige」のブログもよろしくお願いします。

スタッフ「shige」のブログ 『shigeのつぶやき日記』

基本ソニーの情報をお届け。ときどき趣味も発信中。

 

bloglogo_201407.jpg

 


nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0