So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

h.ear go 2「SRS-HG10」レビュー 代を重ねより高音質になったワイヤレススピーカー [ハイレゾ対応 オーディオ・スピーカー]

今回のレビューでお届けする「SRS-HG10」は、小型ながらも音質にこだわったハイレゾ対応ポータブルスピーカー「h.ear go シリーズ」の2代目、その名も「h.ear go 2」。

前モデルと比べて外見上に大きな変化がなく、長い間このデザインであることから、どこか新鮮味に欠けるところがありますが、今モデルでは、スピーカーユニットを新設計、電源回路と本体構造の改善も施され、さらなる高音質化が図られました。

これは楽しみとばかり、さっそく聴いてみることにしましたよ。

 

SRS-HG10 レビュー 進化!コンパクトでもイイ音実感!

片手に載せられるサイズ感ながらも、奏でる音はさすがはハイレゾ対応スピーカーです。

「SRS-HG10」は実用出力24W(12W+12W)とは思えない力強さと広がり感。

ぱっと聴いただけでもわかりやすく、なかなかイイ音を奏でてくれました。

低域は豊かで出かたも上品だし、中・高域もかなり広い感じ。

小さなスピーカーにありがちな狭さも少なく広いぐらいで、奥行きもちゃんと感じられる。

先代モデルが手元にないだけに、先代モデルとの評価は記憶を頼りにしか比較出来ませんが、確実にバージョンアップしているように思えました。

それもそのはず。

なんとスピーカーユニットは、このHG10用に新開発された「35mmフルレンジスピーカーユニット」が搭載。さらに電源回路コンデンサーにはハイレゾウォークマンでも使用実績のある「高音質コンデンサー」を採用したのだとか。

これらのパーツは、カタログスペックだけでみても先代モデルからのバージョンアップは明らか。このシリーズ、長年外見上の変化が少ないだけに、なんとも勿体無い気もしますが、このあたりに開発者の強いコダワリみたいなものを感じることが出来ました。

ちなみに、前モデル同様にフロントパネルの取り外しが可能になっています。

より良い音で楽しみたいなら、取り外した状態がおすすめ・・・なのですが、この時の見た目のデザインが実にビミョー!

ステキなカラーにスタイリッシュさが推しのスピーカーでもあるので、このあたりは、パネルを外したデザインにも、もう少しこだわって欲しかった・・なんて思ってしまいました。

 

置く場所、使う場所を選ばないコンパクトサイズ

横幅は約20センチ。カドをとった立方体デザインはコンパクトです。

これなら置き場所に困ることも少ないハズ。約12時間のスタミナ設計は好きな場所でのリスニングをストレスなく楽しめて、天気の良い日は外で使うことも可能にしてくれます。

お店とかで導入するのにも良いサイズかも知れません。

棚の上にポンと置くだけで設置完了ですからレイアウトにも左右されませんね。

 

Bluetooth、Wi-Fi、USBにオーディオコード 拡張性豊富

SRS-HG10は見た目のコンパクトさに反して拡張性の高さも用意しています。Bluetooth、Wi-Fi、USB、オーディオイン、様々な機器とつながります。

もっともポピュラーな使い方としては、Bluetoothを使ったワイヤレスリスニング。ソニー独自のコーデック「LDAC(エルダック)」に対応しており、対応機器同士なら最大、通常の3倍もの高音質で楽しめます。

ウォークマンやXperiaスマートフォンなどを始めとする、NFCを搭載した機器ならば、マーク同士を重ね合わせるだけでペアリングは完了。切断するときも再び重ねるだけ。これは本当に便利です。

またWi-FiやUSB端子を利用した場合、ハイレゾ音源の音楽ファイルも「ハイレゾ音質」で楽しむことが出来ます。Bluetoothでもイイ音なのですが、聴き比べるとWi-FiもしくはUSBからの方が明らかに音がイイです。

購入された際にはぜひ試してみてくださいね。

そのほか、あったら何気に嬉しいアナログのオーディオ入力端子も用意しました。

切り替え用のボタンも大きく操作性も良好。コンパクトな筐体ながらも拡張性豊かなたところも、このスピーカーの魅力と言えそうです。

なお、ウォークマンをUSBで接続する場合、専用の変換ケーブルがソニーから発売されています。

「WMC-NWH10」はハイレゾオーディオ出力に対応したウォークマン専用の変換ケーブル。この変換ケーブルを使ってUSB接続すれば『ハイレゾ音源をハイレゾの高音質』で聴くことができます。

ハイレゾオーディオ出力用変換ケーブル

ウォークマン専用の変換ケーブル

ソニーストア価格: 3,380円+税

 2018/05/18 現在の価格

ウォークマンにある楽曲をより高音質で聴くならこのアダプターを使って接続してください。

 

スマホがあれば定額音楽配信サービスも高音質で再生

SRS-HG10は、スマホアプリとWi-Fiを通じて「Google Play Music」 や「AWA」などの各種音楽配信サービスや、インターネットラジオを楽しめる「Chromecast built-in」に対応しました。

また、音楽ストリーミングサービス「Spotify」が楽しめる「Spotify Connect」にも対応。

音楽ストリーミングサービスを利用すれば、手元に楽曲を持っていないって場合でも、SRS-HG10の良い音で音楽を存分に楽しむことが出来てしまいます。いやはやこれも時代ですね~

 

ウォークマン A40シリーズのカラーに合わせた全5色のラインアップ

SRS-HG10のカラーバリエーションは「ウォークマン A40シリーズ」に合わせた全5色でラインアップ。

今回はトワイライトレッド(R)で紹介してみましたが、「ウォークマン A40シリーズ」をお持ちならカラーコディネートもおすすめですよ。

ライフスタイルに溶け込むミディアムトーン。きっとお気に入りのカラーが見つかることでしょう。


今回は小型ながらも音質にこだわったハイレゾ対応のポータブルスピーカーh.ear go 2「SRS-HG10」のレビューをお届けしました。

h.ear go 2(SRS-HG10)

いつもの音楽も、定額音楽配信も、より高音質に再生

ソニーストア価格: 24,880 円+税

 2018/04/24 現在の価格

この記事が参考になれば幸いです。

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

※音質の感じ方は個人差があります。購入を検討される場合は、ぜひ試聴されることをおすすめします。

 

h.ear go 2(SRS-HG10)をよりイイ音で!オーディオボード

SRS-HG10をよいイイ音で楽しむことが出来る、オオアサ電子製の専用オーディオボードがソニーの直販サイトソニーストアで販売中です。

SRS-HG10とのセット購入がとってもオトク。

通常8,000円のところが同時購入なら7,000円、つまり1,000円引きでの購入が可能です。より高音質で楽しみたいなら、ぜひソニーストアでオトクな同時購入もご検討ください。

 

実機で解説レビュー

当店のホームページにて、同じカラーバリエーションを採用するウォークマンとヘッドホンの実機レビューを公開しています。

ウォークマン Aシリーズレビュー

どんな商品?から始まって、この手の商品が苦手って方にも解りやすく解説しています。

ぜひ参考になさってください。

実機で解説!ウォークマン A40シリーズ レビュー

ウォークマンA40シリーズは、大好きな楽曲を”高音質”で楽しめるハイレゾ音源対応のオーディオプレーヤー。価格的にもお求めやすく『これからのハイレゾ入門機』としてもピッタリです

 

h.ear on 2 Mini Wireless「WH-H800」レビュー

「WH-H800」は女性の方にも扱いやすいサイズ感。ファッションアイテムとしても嬉しいデザインにも注目です。

実機で解説!WH-H800 コンパクトなワイヤレスヘッドホンをレビュー

WH-H800は、ウォークマン A40シリーズと同じカラーを採用した「h.ear 2シリーズ」のワイヤレスステレオヘッドセット。h.ear on 2 Mini Wirelessと品名に書かれているとおり、小型で軽量がコンセプト。女性の方にも扱いやすいサイズ感でファッションアイテムとしても嬉しいデザインにも注目です!

 

 

店員shigeのつぶやき日記

ソニーショップさとうち、スタッフ「shige」のブログもよろしくお願いします。

スタッフ「shige」のブログ 『shigeのつぶやき日記』

基本ソニーの情報をお届け。ときどき趣味も発信中。

 

bloglogo_201407.jpg

 


nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0