So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

VAIO Z フリップモデル 販売終了間近か?カスタマイズがほぼ出来ない状況に・・・ [VAIO Z]

長い期間販売されてきた、2016年モデルのVAIO Z フリップモデルがついに販売終了間近。2018年7月27日15時現在、ソニーストアで取り扱うカスタマイズモデルのパーツ選択がほとんど出来なくなりました。

VAIO Z フリップモデル(2016年モデル) 2018年7月27日15時現在 ソニーストアモデルの状況

  • カラー:ブラック
  • プロセッサー:Core i7-6567U(3.30GHz)
  • メモリー:16GB
  • ストレージ:第二世代ハイスピードSSD(NVMe)512GB
  • キーボード:英字配列

2018年7月27日15時現在、購入可能なVAIO Z フリップモデル は上のパーツの組み合わせのみ。高性能パーツが組み合わされ、まぁこれならイイんじゃないの?・・・と、思いきやキーボードにご注目。

なんとキーボードが使う人を選ぶ英字配列。

日本語配列が選べない、そんな状況になっています。

さすがに2016年から販売していることもあるので、次期モデルがどうなるのか?を含めて、強くおすすめは出来ませんが、もしかすると1つの筐体にして「3パターン」の使い方が出来る「マルチフリップ機構」のVAIO社製パソコンは、このVAIO Zで最後になるか知れません。

実際に現在販売中のVAIO社製パソコンを見てみるとタッチパネル搭載モデルは、この「VAIO Z フリップモデル」を残すのみ。今後、このスタイルのVAIOが買えなくなってもおかしくありませんので紹介させていただきました。

なお、もうひとつ「VAIO Z クラムシェルモデル」は、カラーブラックは選べないものの、パーツのカスタマイズはまだまだ可能。ただ、このクラムシェルモデルも販売してから随分時間が経ちます。

ロングセラーモデルとは言え、そろそろ終焉のときを迎えてもおかしくない、そんな時期かも知れません。

 

わかりやすく徹底解説! VAIO徹底レビュー

当店では最新VAIOを徹底レビュー!

カスタマイズからアクセサリーまでバッチリ掲載しています!ぜひ当店のレビューを参考になさってください。

VAIO徹底レビュー

入門者の方にもわかりやすいよう徹底解説!実機を使用し、カスタマイズモデルも詳しく紹介しています!

 

 

店員shigeのつぶやき日記

ソニーショップさとうち、スタッフ「shige」のブログもよろしくお願いします。

スタッフ「shige」のブログ 『shigeのつぶやき日記』

基本ソニーの情報をお届け。ときどき趣味も発信中。

 

bloglogo_201407.jpg

 


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 0